FC2ブログ
未分類 | おでかけ・散歩 | 幼児教育・教育他 | 家庭学習 | 国語 | 算数 | 理科 | 社会 | 英語 | 実技4教科 | 数遊び | おもちゃ | つみき | 絵本・読書 | 月のまとめ | 学年のまとめ | 読み書き計算 | ハロウィン | クリスマス | Z会 | 学校生活・生活 | 空手 | そろばん | 
ブログ内検索
学習支援動画(絶対おすすめ)
葉一さんの動画授業
 とある男が授業をしてみた

とある男が授業をしてみた
解説問題印刷もできるサイト完成  19ch.tv【塾チャンネル】

小3~小6 算数
中1~中3 英数国理社
高校数学 Ⅰ・A・Ⅱ
の動画授業を無料で公開。
丁寧で詳しく、広範囲を解説。
予習復習を強力に支援!
ブンも見ています。
出版社の動画授業
動画授業配信サイト
新興出版社啓林館
※教科書を出版している会社。
☆中学範囲(無料) 5教科
 ホントにわかる
☆高校範囲(有料) 数英理
 スマートレクチャー
リクルートの動画授業
☆小4~中3範囲 4,5教科
 2015年開講
 勉強サプリ
☆高1~高3範囲 5教科
 2011年開講
 受験サプリ
リンク
保険見直しにオススメ
終身医療保険に入っていないなら、保険の見直しをオススメします。
 終身医療保険・終身がん保険比較ランキング!
我が家の保険見直しの際、大変参考になりました(^^♪
工作に便利 (無料)
♪ペーパークラフト
 ヤマハ発動機株式会社
♪モーターを使った工作
 マブチモーターKidsサイト
♪無料ぬりえ2~5才向き
(こどもの好きそうなぬりえ多し)
 ぬりえランド
♪無料こどもぬりえ
 ぬりえやさん
♪無料イラスト素材(ぬりえ含)
 子供と動物のイラスト屋さん
♪印刷用イラスト素材
 イラストポップ
♪かわいいイラスト素材
 イラストわんパグ
♪季節や行事のイラスト
 季節や行事のイラスト市場
おりがみくらぶ (無料)
おりがみくらぶ
季節のおりがみがたくさん紹介されています!
おべんきょうに便利 (無料)
♪白地図をプリントアウトできる
 帝国書院
♪100マス計算、九九の歌など
 怪盗ねこぴー
♪ドッツカードのフラッシュ
 ドッツで遊ぼ
♪楽しい石の図鑑
 iStone 石の博物館
♪きれいな写真、花の図鑑
 私の花図鑑
♪季節の花がわかる
 季節の花 300
♪小学生の学習教材
 【ちびむすドリル】
♪幼児教材・知育プリント
 幼児の学習素材館
♪自由研究の参考になる
 学研キッズネット
キッズ@nifty(無料)
キッズ@nifty
無料のプリント(点つなぎ、めいろ、ぬりえ、ひらがな、カタカナ)など。百人一首もプリントできます!
百人一首ガイド
百人一首ガイド
小倉百人一首をイラストと音声とともに紹介しているサイトです。
伝承遊び
あそび教室
だるまさんがころんだなど、楽しい集団遊びが紹介されています。
ボードゲーム紹介
たっくんのボードゲーム日記
主にドイツのボードゲームの紹介が大量にあります。我が家は購入の際に参考にしています。
FC2カウンター
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリスマス関連お役立ち
☆クリスマスポップアップカード
 ペーパーミュージアム
☆クリスマスカード
 プリントアウトファクトリー
☆紙で作るサンタ&トナカイ
 SASATOKU HOME PAGE

      

☆本格的なお菓子の家
 手作りシフォンケーキ

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (北海道から)
 ひろおサンタランド

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (ドイツから)
※ブンはドイツのサンタさんへ手紙を出して返信をもらいました。
 2011年サンタさんの手紙・1
 2011年サンタさんの手紙・2
おうちで幼児教育
≪2018.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2019.01≫
プロフィール

bunnhaha

Author:bunnhaha
 ブン(女の子)2歳1カ月からの成長記録です。現在は公立中学校に通っています。
 幼児のうちから家庭学習を心掛けていました。もう幼児ではありませんが、馴染みのあるブログ名は当初のままにしてあります。

カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
いくつになったの
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ開始から
ブンの年齢表
2020年 中学3年生
2019年 中学2年生
2018年 中学1年生
2017年 小学6年生
2016年 小学5年生
2015年 小学4年生
2014年 小学3年生
2013年 小学2年生
2012年 小学1年生
2011年 幼稚園年長
2010年 幼稚園年中
2009年 幼稚園年少
2008年 3歳児
2007年 2歳児
2018.06.16 Sat
私立高校の文化祭
今まで公立高校の文化祭に行った事がありますが(3校)、
はじめて私立高校の文化祭に行ってみました。

だけど時期がよろしくない。(;_:)
期末テスト前の貴重な週末です。

しかし文化祭はその高校の学校生活をうかがい知る機会でもあり、
2年、3年になってからの方が、行くのがもっと大変だと思い、
1年生のうちに行ってしまおうと考えました。

こちらの高校も進学校で、入学するのは簡単ではありません。
勉強、勉強のイメージが強い学校です。

実際、文化祭は公立高校より簡素な感じです。
熱く盛り上がる伝統校とは真逆な印象。

来客も今まで行った中では最少で、この高校の受験を検討している親子が、
様子を見に来ましたというふうで、在校生の保護者もあんまりいない雰囲気。

ただ生徒たちは、限られた準備期間と予算の中で、
頑張って作り上げたんだなあと感じられ、
お揃いのTシャツを着たりして、それなりに楽しんでいました。

やはり高校時代の文化祭です。
青春真っ盛りなんだから、少しでも盛り上がらないのは淋しいです。

伝統校には及ばないながらも、青春の思い出には足りるという感じでしょうか?
「とことん学校生活をエンジョイしたい!」とこだわらないなら許せる範囲です。

ブンは去年と引き続き、お母さんと一緒じゃつまならいと渋々。
だけどもう中学生で遊びに来たわけでなく、真面目に学校見学に来たわけだし、
ミニ学校説明会もあり、参加してきました。

参加者は50名以上いたでしょうか?保護者だけ、親子でと様々ですが、
制服を着た3年生らしき人もチラホラいました。

眠そうに、ぼんやりしたブンなどと違い、引き締まって緊張した顔つき。
それに…勉強できそうな雰囲気がにじみ出た人ばかりでした。(*_*)

以下、備忘録として。

・高1は定員180名のところ、290名が入学。人気が高まっている。
・以前は公立高校の併願者ばかりだったが、単願者が増えてきている。
・10年前に方針転換。勉強だけでなく「主体性」も大事にしている。
・国語は「論理エンジン」を使用。
・課題、小テストが多い。
・先生も生徒も個性の強い人が多い。
・職員室がオープンで質問しやすい。
・休み時間に勉強していても冷やかされない。
(公立中学ではいろいろ言われる。え~勉強しているんだ~とか。)
・駅からの通学路が山道みたいな坂道。結果的に結構な運動量。

・入学試験の成績で、3つのコースに分けられる。
・2年生、3年生に進級する際に、成績順でまたコース分けされる。
 つまり3年間固定ではない。成績次第。

 (2年生の時点で一番上のコースは20名くらいに絞られるそうです。 
 学年上位1割を集める感じですかね。
 露骨に成績順です。公立では経験しない厳しさです。)

・“事前相談”で使う模試はいろいろあるが、どれか1種類で2回以上、
 できれば3回分の成績が欲しい。7~12月の模試。
(例:駿台模試の8,9,10月分など、他模試と混ぜない。)
・県で一番受ける人数の多い模試は7,9,10,11,12月の成績を使う。

・内申点が一番考慮されるのは、合否ボーダーラインの時。
 判断に使うのは「中3の1学期内申のみ(9教科)」

ここで先生から補足説明がありました。

「5教科でなく“9教科”の内申を使います。

 公立を受けるから、5教科以外の副教科を捨てる。
 私立を受けるから3教科以外の“理社”を捨てる。
 その考え方を間違っていると否定はしません。

 しかし我が校は、副教科や理社を捨てるような人には来てもらいたくない。
 何事も主体性を持って取り組める人に来てもらいたいと考えています。」

とのお言葉でした。(ずばり言い切っていたのが衝撃的でした。)
あと先生の口からは言いにくいであろう事柄も、他でいろいろ聞いている内容です。

・中高一貫部と高校部は、校舎も行事も制服も校長も全部別。
・大学進学実績(難関大学)は中高一貫部がほとんどらしい。
・学生食堂は、中高一貫部から近く、高校部の子が行った時には満席。
 高校部の子は実質使えない。
・部活は程ほど。熱心に打ち込みたい人には物足りない。
・大学入試の推薦枠は、高校部に全部渡し、中高一貫部は使わない。

ハハとしては「受験勉強以外にエネルギーを使わないで」という方針は淋しいと思い、
そのあたり考慮されているので好感もてました。
ちなみに、ぼんやりしていたブンも好感持てたようです。

ただ、やはり主力は“中高一貫部”なので、
どうしても高校部の2番手感というか、差別というか、
扱いに差があるのが、拭えません。

まあ中高一貫部のある私立はどこも同じ傾向みたいなので、仕方ありません。
それが嫌なら、やはり公立高校へ、頑張って入学するしかありません。
いろいろ勉強になり、文化祭、行ってよかったです。

おでかけ・散歩    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑