未分類 | おでかけ・散歩 | 幼児教育・教育他 | 家庭学習 | 国語 | 算数 | 理科 | 社会 | 英語 | 実技4教科 | 数遊び | おもちゃ | つみき | 絵本・読書 | 月のまとめ | 学年のまとめ | 読み書き計算 | ハロウィン | クリスマス | Z会 | 学校生活・生活 | 空手 | そろばん | 
ブログ内検索
学習支援動画(絶対おすすめ)
葉一さんの動画授業
 とある男が授業をしてみた

とある男が授業をしてみた
解説問題印刷もできるサイト完成  19ch.tv【塾チャンネル】

小3~小6 算数
中1~中3 英数国理社
高校数学 Ⅰ・A・Ⅱ
の動画授業を無料で公開。
丁寧で詳しく、広範囲を解説。
予習復習を強力に支援!
ブンも見ています。
大学受験支援サイト
 manavee(マナビ―)
大学生が先生の動画授業。
予習復習、センター、二次試験対策など。高校範囲。
出版社の動画授業
動画授業配信サイト
新興出版社啓林館
※教科書を出版している会社。
☆中学範囲(無料) 5教科
 ホントにわかる
☆高校範囲(有料) 数英理
 スマートレクチャー
リクルートの動画授業
☆小4~中3範囲 4,5教科
 2015年開講
 勉強サプリ
☆高1~高3範囲 5教科
 2011年開講
 受験サプリ
リンク
保険見直しにオススメ
終身医療保険に入っていないなら、保険の見直しをオススメします。
 終身医療保険・終身がん保険比較ランキング!
我が家の保険見直しの際、大変参考になりました(^^♪
工作に便利 (無料)
♪ペーパークラフト
 ヤマハ発動機株式会社
♪モーターを使った工作
 マブチモーターKidsサイト
♪無料ぬりえ2~5才向き
(こどもの好きそうなぬりえ多し)
 ぬりえランド
♪無料こどもぬりえ
 ぬりえやさん
♪無料イラスト素材(ぬりえ含)
 子供と動物のイラスト屋さん
♪印刷用イラスト素材
 イラストポップ
♪かわいいイラスト素材
 イラストわんパグ
♪季節や行事のイラスト
 季節や行事のイラスト市場
おりがみくらぶ (無料)
おりがみくらぶ
季節のおりがみがたくさん紹介されています!
おべんきょうに便利 (無料)
♪白地図をプリントアウトできる
 帝国書院
♪100マス計算、九九の歌など
 怪盗ねこぴー
♪ドッツカードのフラッシュ
 ドッツで遊ぼ
♪楽しい石の図鑑
 iStone 石の博物館
♪きれいな写真、花の図鑑
 私の花図鑑
♪季節の花がわかる
 季節の花 300
♪小学生の学習教材
 【ちびむすドリル】
♪幼児教材・知育プリント
 幼児の学習素材館
♪自由研究の参考になる
 学研キッズネット
キッズ@nifty(無料)
キッズ@nifty
無料のプリント(点つなぎ、めいろ、ぬりえ、ひらがな、カタカナ)など。百人一首もプリントできます!
百人一首ガイド
百人一首ガイド
小倉百人一首をイラストと音声とともに紹介しているサイトです。
伝承遊び
あそび教室
だるまさんがころんだなど、楽しい集団遊びが紹介されています。
ボードゲーム紹介
たっくんのボードゲーム日記
主にドイツのボードゲームの紹介が大量にあります。我が家は購入の際に参考にしています。
FC2カウンター
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリスマス関連お役立ち
☆クリスマスポップアップカード
 ペーパーミュージアム
☆クリスマスカード
 プリントアウトファクトリー
☆紙で作るサンタ&トナカイ
 SASATOKU HOME PAGE

      

☆本格的なお菓子の家
 手作りシフォンケーキ

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (北海道から)
 ひろおサンタランド

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (ドイツから)
※ブンはドイツのサンタさんへ手紙を出して返信をもらいました。
 2011年サンタさんの手紙・1
 2011年サンタさんの手紙・2
おうちで幼児教育
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

bunnhaha

Author:bunnhaha
 ブン(女の子)2歳1カ月からの成長記録です。現在は公立小学校に通っています。
 幼児のうちから家庭学習を心掛けていました。もう幼児ではありませんが、馴染みのあるブログ名は当初のままにしてあります。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
いくつになったの
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ開始から
ブンの年齢表
2017年 小学6年生
2016年 小学5年生
2015年 小学4年生
2014年 小学3年生
2013年 小学2年生
2012年 小学1年生
2011年 幼稚園年長
2010年 幼稚園年中
2009年 幼稚園年少
2008年 3歳児
2007年 2歳児
2015.07.26 Sun
科学技術館
科学技術館で開催される「青少年のための科学の祭典」、
今年もまた行きました。3年目です。

人気のあり過ぎるブースは抽選なのでパスして、
並べば出来るところを回ります。

1.No3変わりコマをつくろう

15072602 15072615

細長い形や対称でなくても、重心を調べてくれて、回せるコマにしてくれます。
地味なんですがおもしろかったです。

2.No53自分だけのリップカラーをつくろう!

15072603 15072611

こちら資生堂のブース。女子ばかりでした。
残念なのは作ったリップは色見本なだけで使用不可なこと。
その代わり製品のリップを頂きました。
だけどキラキラとつやのある材料を混ぜ合わせるのは珍しい体験でした。

3.No27つまようじで多面体をつくろう

15072604 15072618

こちらも人気のあるコーナーで30分ぐらい並びました。
というのも皆が正四面体などを選ばずに正二十面体を選ぶので、
作るのに時間がかかるからです。

正多面体の最大は正二十面体である理由とか、
オイラーの多面体公式を教えてもらえて中学数学の予習になりました。

4.No12単レンズ顕微鏡で見るミクロの世界

15072605 15072617

こちらは杉板と2.2mmのガラス玉を使って顕微鏡を作ります。
ガラス玉と言え倍率は150倍ほど。
タマネギの皮の細胞まで見えたそうです。

5.No41ゆかいなクラクション

15072601 15072607

紙コップ、クリップ、糸、簡単な材料なんですが(糸電話と同じ)、
糸を折りたたんだウェットティッシュではさんでこすると、
予想しなかった音が出てびっくりです。

その音をブースの方はクラクションと言っていましたが、
ハハは大昔に流行ったおもちゃ笑い袋に似ていると思いました。

その後、ボールにラップを張ったものに塩をふりかけ、
音が振動で伝わることを目で確認しました。
日用品を使って音というものを学べるいい内容だと思いました。

6.No19水のみゾウさんを作ろう

15072608 15072616

フィルムケースを使って水が吸い込まれる仕組みを作ります。
カイロの中身を反応させて水を吸い上げますが細かい説明をハハは聞いておらず、
よく分かりません。

7.No23シロアリの不思議

15072609 15072610

住宅に付くと害虫呼ばわりされますが、森の中では重要な役割のシロアリ。
生きている働きアリを観察しました。

それからシロアリの道しるべフェロモンと同じ成分が油性ボールペンに含まれているそうで、
描いた線通りにシロアリがトコトコ歩いてくれます。
(見えにくいけど紙の上に3匹います。)

途中で鉛筆の線に変えると、行き先を見失って迷いだします。
描いた通りにシロアリが動くので面白い実験でした。
黒アリだと道しるべフェロモンの成分が違う為、ボールペンで誘導出来ません。

8.No48ビスケットによるコンピューターサイエンス入門

いきなりですが先日みたニュースの話しです。
(前置きが長いです。)

「現在、世界的な状況としてIT技術者の不足があり、
日本企業がベトナムで人材確保している。

国の戦略としても、子どものころから、
コンピューターやプログラミングなどITの仕組みを学ぶ機会をつくるなど、
手立てが必要になる。」

「小学生に人気の習い事、それはプログラミング教室。
現在全国に51、運営する団体は、ここ数年で3倍以上に増えている。

子ども向けのプログラミング言語 Scratch(スクラッチ)を利用し、
3か月もすると、本格的なプログラミングに進む子どもも現れる。」

などいうことを聞き、IT技術者を目指すかどうかは別にしても、
次の世代ではプログラミングの知識があるのが普通になるかも?
親の世代とはまさに違うわね~。
だけどニュースで取材されていた教室は渋谷だったし、
都会の話しだわ~と思ったことがありました。

でもふっと気付くと、NTT初出展で、
プログラミング言語 VISCUIT(ビスケット)のワークショップがあるではないですか。
え~!ラッキーと思ってブンに参加してもらいました。
しかも解説者は開発した原田氏ご本人のよう。時間も45分と長めです。

15072606 15072612

シュミレーションは2つのパターンでした。
1つ目は健康な人(横に移動)と風邪をひいている人(縦に移動)を作り、
健康な人が風邪をひいている人にぶつかると風邪をひく設定にすると、
全員風邪をひいてしまうシュミレーション。

でもこれは健康な人より風邪をひいている人の方が影響が大きいので、
影響がイコールのパターン、ジャンケンが2つ目です。

ハハはグーチョキパーがそれぞれ同じくらい残るのでは?と思いましたが、
結果は、最初に勝ったものと、その負けた相手が全滅する。
残るのは1種類だけという意外なものでした。

15072613 15072614

このケースでは偶然チョキが最初に勝ち、パーがいなくなり、
パーがいない為、グーが残り、チョキを消し去ってしまいグーだけになる。
なんだかバランスを崩した生態系みたいな結果です。

こういうシュミレーションをしてみて初めて分かることもあるよと、
原田氏のお話しでした。へぇぇぇ。

日本でもプログラミング教育の義務化の話しがあるそうで、
「コンピュータが分からなくても使えればよい」という感覚では、
次世代ではまずいかもしれません。
そういう訳でこちらが、今回の科学の祭典で一番印象的な内容でした。

理科    Comment(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑