FC2ブログ
未分類 | おでかけ・散歩 | 幼児教育・教育他 | 家庭学習 | 国語 | 算数 | 理科 | 社会 | 英語 | 実技4教科 | 数遊び | おもちゃ | つみき | 絵本・読書 | 月のまとめ | 学年のまとめ | 読み書き計算 | ハロウィン | クリスマス | Z会 | 学校生活・生活 | 空手 | そろばん | 
ブログ内検索
学習支援動画(絶対おすすめ)
葉一さんの動画授業
 とある男が授業をしてみた

とある男が授業をしてみた
解説問題印刷もできるサイト完成  19ch.tv【塾チャンネル】

小3~小6 算数
中1~中3 英数国理社
高校数学 Ⅰ・A・Ⅱ
の動画授業を無料で公開。
丁寧で詳しく、広範囲を解説。
予習復習を強力に支援!
ブンも見ています。
出版社の動画授業
動画授業配信サイト
新興出版社啓林館
※教科書を出版している会社。
☆中学範囲(無料) 5教科
 ホントにわかる
☆高校範囲(有料) 数英理
 スマートレクチャー
リクルートの動画授業
☆小4~中3範囲 4,5教科
 2015年開講
 勉強サプリ
☆高1~高3範囲 5教科
 2011年開講
 受験サプリ
リンク
保険見直しにオススメ
終身医療保険に入っていないなら、保険の見直しをオススメします。
 終身医療保険・終身がん保険比較ランキング!
我が家の保険見直しの際、大変参考になりました(^^♪
工作に便利 (無料)
♪ペーパークラフト
 ヤマハ発動機株式会社
♪モーターを使った工作
 マブチモーターKidsサイト
♪無料ぬりえ2~5才向き
(こどもの好きそうなぬりえ多し)
 ぬりえランド
♪無料こどもぬりえ
 ぬりえやさん
♪無料イラスト素材(ぬりえ含)
 子供と動物のイラスト屋さん
♪印刷用イラスト素材
 イラストポップ
♪かわいいイラスト素材
 イラストわんパグ
♪季節や行事のイラスト
 季節や行事のイラスト市場
おりがみくらぶ (無料)
おりがみくらぶ
季節のおりがみがたくさん紹介されています!
おべんきょうに便利 (無料)
♪白地図をプリントアウトできる
 帝国書院
♪100マス計算、九九の歌など
 怪盗ねこぴー
♪ドッツカードのフラッシュ
 ドッツで遊ぼ
♪楽しい石の図鑑
 iStone 石の博物館
♪きれいな写真、花の図鑑
 私の花図鑑
♪季節の花がわかる
 季節の花 300
♪小学生の学習教材
 【ちびむすドリル】
♪幼児教材・知育プリント
 幼児の学習素材館
♪自由研究の参考になる
 学研キッズネット
キッズ@nifty(無料)
キッズ@nifty
無料のプリント(点つなぎ、めいろ、ぬりえ、ひらがな、カタカナ)など。百人一首もプリントできます!
百人一首ガイド
百人一首ガイド
小倉百人一首をイラストと音声とともに紹介しているサイトです。
伝承遊び
あそび教室
だるまさんがころんだなど、楽しい集団遊びが紹介されています。
ボードゲーム紹介
たっくんのボードゲーム日記
主にドイツのボードゲームの紹介が大量にあります。我が家は購入の際に参考にしています。
FC2カウンター
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリスマス関連お役立ち
☆クリスマスポップアップカード
 ペーパーミュージアム
☆クリスマスカード
 プリントアウトファクトリー
☆紙で作るサンタ&トナカイ
 SASATOKU HOME PAGE

      

☆本格的なお菓子の家
 手作りシフォンケーキ

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (北海道から)
 ひろおサンタランド

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (ドイツから)
※ブンはドイツのサンタさんへ手紙を出して返信をもらいました。
 2011年サンタさんの手紙・1
 2011年サンタさんの手紙・2
おうちで幼児教育
≪2018.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2018.08≫
プロフィール

bunnhaha
 ブン(女の子)2歳1カ月からの成長記録です。現在は公立中学校に通っています。
 幼児のうちから家庭学習を心掛けていました。
 もう幼児ではありませんが、馴染みのあるブログ名は当初のままにしてあります。
 よかった事も悪かった事も両方記録しています。
 子育て中のご家庭の「他山の石」となれば幸いです。
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
いくつになったの
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ開始から
ブンの年齢表
2023年 高校3年生
2022年 高校2年生
2021年 高校1年生
2020年 中学3年生
2019年 中学2年生
2018年 中学1年生
2017年 小学6年生
2016年 小学5年生
2015年 小学4年生
2014年 小学3年生
2013年 小学2年生
2012年 小学1年生
2011年 幼稚園年長
2010年 幼稚園年中
2009年 幼稚園年少
2008年 3歳児
2007年 2歳児
「 2018年07月 」 の記事一覧
2018.07.29 Sun
科学技術館
科学技術館で開催される「青少年のための科学の祭典」の時期がきました。
去年まではハハと一緒でつまらないと不平を言っていたブンです。

今年は同級生と行けば?と言っていましたが、
案外行きたいと思う人が少なく、それに部活と重なるから無理とか、
いろいろ事情があって、参加者集めに苦労したブンですが、
男子1名、女子2名の計3名で行くことが叶いました。

ブンの誘いに応じてくれたのは夏祭りも一緒に行ってくれたメンバーです。
どの子も保護者なしで遠出し慣れていない子ばかり。

ブンに利用する列車や駅の出口から会場までとか、
事細かに教えてメモも持たせて行かせました。

台風12号の影響で、下手をすると中止になりかねませんでしたが、
日曜日は問題なく、通常通りの開催でした。

会場に着くと、今までで一番空いていたそうです。
大物が狙えるチャンスでした。
ブン達は相談して下記の4つを体験したそうです。

18072901

05番:化石のとう明レプリカをつくってみよう!
18番:不思議な表面張力
41番:エッチングでステンレス鋼板に絵を描こう
52番:世界に一つの岩石標本製作! ―ジオパークを楽しもう!―

抽選に1名だけ外れたり、整理券をなくしてしまったおバカ男子がいたりで、
必ずしもスムーズでなかったみたいですが、何とか楽しめたそうです。

食事は地下1階でバイキングがあるし、科学館に入ったら軽食もあると伝え、
皆で相談して食べればと言っていました。

ブン達は倹約したわけではないでしょうが、軽食を選び、
皆でうどんなど食べたそうです。(意外と堅実です。)

午後は科学技術館の展示で遊んでいたそうです。
16時台の列車で帰るように言ってありましたが、その通りにして帰って来ました。

ブンは出掛ける前から、鼻歌など歌い、嬉しそうでしたが、
帰ってからも楽しかったと満足気でした。

保護者なしで出掛けて、少し大人の気分も味わえたのかもしれません。
ハハもブンがグループで楽しく出掛けられたのが、嬉しかったです。
ブンが少し成長できた出来事でした。

おでかけ・散歩    Comment(0)   Top↑

2018.07.15 Sun
夏祭りのあれこれ
いよいよ一学期も終盤。海の日の三連休にはお祭りもあります。
去年までは親子数組で一緒に行きましたが、今年からは親抜きです。

ブンには早い時期から自分で約束取り付けないと、
行く人がいなくなるよ~と前もって注意してあげていました。

それで周りはグループで行く約束を始めている様子。
でもブンは男子グループに女子ひとり参加は嫌と気難しい事を言い、
かといって他に誘える女子も難しい状態。

1週間前になっても約束できていないので、
さすがにいつものゲーマー友達の男子にラインしてみれば?
と投げかけてみました。

ブンはラインしたところ、一緒に行くとも行かないとも不明な返信。
とにかく積極的に誘われなかったのは事実です。

ブンは意気消沈し、別にお祭り行かなくてもいいかな…と言う始末。
それならそれでハハが構う必要はありません。

しかし皆が祭りに楽し気に行く中、ブンがしょんぼりと、
自宅でゲームしている姿を見たくないとつい思ってしまいます。

それで割とオタク趣味な幼馴染み女子にラインを勧めました。
運がいい事に、その子は行くと言ってくれました。

それで調子付き、私立中学に行った男子にもラインを勧めました。
また運がいい事に、その子も行くと言ってくれました。

それでメンバーが5名まで増えたところで、
もとのゲーマー男子に、またラインをしてみました。

そうするとその男子も5名のグループで行く話になっていて、
全員で行かないかという事になりました。

ブンはその時点で、もうニコニコ、わくわくです。
よかったね~~な状態です。

しかしゲーマー男子のグループ内訳は、
ブンがいつもゲームしているメンバーが4名いて、女子1名の5名でした。

ハハはその時、どうしていつも遊んでいるブンも誘ってくれなかったのか?
と本音を言うと不満に思いました。

その女子は隣のクラスで、ブンと同じく小学校高学年から群れなくて、
“ぼっち女子”な人なのです。ちなみに同じ小学校。

ぼっち同士で集まればグループが出来るのに…とハハは思いますが、
横の連携が不思議なことに希薄です。(だからこそ、ぼっちなのか?!)

そんなこんなで、要領悪く煮え切らないブンですが、
女子3名、男子7名、しかも小学校から気心しれた仲間と行ける事になりました。

夏祭り当日は暑い中、屋台を皆でうろうろ回り、
写真を撮ったり、動画を撮ったり、中学校、小学校の先生とも会い、
(安全パトロールの為、厳しい暑さでも巡回されている。)
ルンルン楽しく過ごせたそうです。

別に外で遊びまわって欲しいと思っていませんが、
何一つ友達と出掛ける機会がないのは淋しいです。

友達との付き合いにも企画力や調整力が必要です。
そういう事も徐々に身につけてくれたらと思います。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.07.15 Sun
先生にほめられたノートの取り方
中学生になると、教科や先生にもよりますが、
「ノート提出」というものがあり、内申に反映されます。

ですからノートも油断せず、きちんととるようにと、
1学期のはじめに伝えておきました。

ブンは自分でも大事と思ったのか、真面目にノートをとり、
「板書」はもちろん「先生の話し」をこまめに書き取りました。

それは数学と理科と社会で特によく発揮され、
この3教科は各先生にお褒めの言葉を頂き、ブンはとても喜びました。

具体例として…
数学:計算の注意点など先生の言葉を書いています。

18071504

18071505

理科:これも先生の解説をよく書いています。

18071502

18071503

社会:先生の雑談を含め、板書以外の話しが多く、補足が多いです。

18071501

18071506

理科と社会の先生は、2度3度とブンのノートを褒めてくれたそうです。
社会の先生は職員室で、ブンの担任(美術)にも話し、
「ブンのノートがよくとれている。3年生でもこのくらいとれる子はあまりいない。」
とほめてくれたそうです。(ブンに担任が伝えてくれました。)

ブンは本当にうれしかったみたいで、ますます熱心にノートをとるようになりました。
ノートを上手くとる為には、聞き漏らさないように集中して聴かねばなりません。

ということは授業の理解が深まるし、そのおかげで定期テストの勉強も、
強調ポイントが分かりやすく、一問一答ノートも作りやすくなります。

ブンが描いているキャラは、ブン命名「かもっくん」です。
じつは性格も設定しているそうですが、それはいいとして、
表情や動きも付いているので、おもしろいです。

ブンは字を書くのも早いですが、絵を描くのがすごく早いです。
今まで幼い時からやめなかった“勉強中の落書き”もほめられるのだから、
人生何が役立つか分からないものですね。(^_^;)


学校生活・生活    Comment(2)   Top↑

2018.07.14 Sat
定期テストで9割以上を目指す場合のひと工夫
定期テストの勉強は「まず学校ワーク」の反復で8割以上を目指します。
しかし9割以上を目指す場合、もうひと工夫が必要です。

ブンの場合は「一問一答ノートの作成」です。
英語、数学なら「間違えた問題」を正答出来るように作ればいいですが、
今のところ、暗記型の教科にしています。
(中1最初の英数は簡単なので…)

中間テストの時は作りませんでした。
期末テストから始めて作りました。

5教科と副教科を分けました。
中身は理科、社会と音楽、保健体育です。

18071401

◎ワークに出ない部分を一問一答ノートに載せる。

◎1ページを縦半分に区切る、もしくは見開きで作る。
 どちらにしても「左が問題」「右が答え」にして、
 自分でテスト出来るようにする。

◎教科書、ノート、資料集、プリントが主な教材。
 コピーも利用して、効率よく。

具体的には、次のようでした。
まず社会の1ページ版。縦半分に折りテストします。

18071402

18071403

副教科は教科書などのコピーを用いたので、
見開き版になりました。これも右ページを隠してテスト。

18071404

特に音楽は学校ワークがない為、非常に勉強しにくく、
早めにコピーを取ってやるべきでした。

18071405

保健体育などは教科書が太字になっているので、
そこを全部消して問題にしました。

要点をまとめたノートを作るだけでは、覚えているかどうか分かりません。
必ず自分でテストして、完全になるまで繰り返すのがポイントです。

ブンが今回たまたま副教科のおかげで学年1位を取れたのは、
やはり「一問一答ノート」のおかげと思われます。

学校ワークだけだと、皆一緒になるので、
差をつける為に、授業でさらっと言った事や、
重要度低めの問題も少ないですが出ます。

そういうところは学校ワークには載っていないので、
一問一答が効果的でした。

一問一答ノートを作る以外にも、いい方法があるのかもしれませんが、
ブンが期末で試した感じでは、かなり手応えあるいい方法でした。

「学校ワーク反復」 + 「一問一答ノート反復」
この方法、結構いいと思います。

家庭学習    Comment(0)   Top↑

2018.07.13 Fri
②中学1年・1学期期末テスト結果の状況
期末テストが終わって、先日結果が知らされました。
◆学年の平均点です。(学年約270人)

英語:68.0
数学:66.8
国語:67.2
理科:59.5
社会:68.2
5教科:329.7(満点500)

音楽:29.9(満点50)
保健体育:72.4
7教科:432.0(満点650)

中間テストの5教科平均点が377.2ですから、
やはり下がりました。47.5点のダウンです。

・英語、5教科のうちで一番簡単だったのですが、
 平均点をみるとそれ程良くない。

 80点以上が100名ほどいる反面、49点以下が50名くらいいます。
 中学に入ってから、まともに英語を習い始めた層で、
 自宅学習も足りないタイプが苦戦しているのかもしれません。

・一番人数の多い点数
 英語:80点台、数学:80点台、国語80点台、
 社会:70点台、理科:60点台。

・理科、29点以下が30人強も。
 学校ワークをまともにしていないと思われます。

・音楽、50問50点満点で、40点以上が30名ほど。
 ブンは勉強を失敗した割に健闘し40点超えてほっとしました。

・保健体育、90点以上が25名ほど。
 副教科の“高得点層が薄い”結果でした。

 →つまり副教科で高得点を取れれば、差が付きやすい。
 総合順位が上がりやすいという事です。ねらい目です。


・5教科で440点を超えているのは30名以下でした。

それでブンの結果は、
5教科 485点 学年2位
7教科 621点 学年1位 でした。

7教科の学年1位はうれしいものの、5教科がまた2位です。
ブンはそれ程順位にこだわらないので、しれっとしています。

しかしハハはとても悔しい気持ちです。
ブンにもっと悔しがってもらいたいです。
そしてバカミスを心底、悔いてほしい。

中間は1位の子と5点差でした。
期末は残念ながら5教科1位の子の名前と点数が分かりません。

どのくらい差があるか、前回1位の子と同じなのか、ハハは知りたいです。
点数と順位は、自分の事しか知らされないので、あとは口コミしかありません。

ブンはそもそも関心が薄いし、情報通の友達に聞いたりもしないし、
ホントに何にも知らなくて、ハハとしては物足りないです。

振返ると、やはり一番いけないのは、
数学の難問を正解できなかった事です。

将来の入試を考えたら、やはり正解していなくてはなりません。
まだまだ習熟が足りていません。

それと副教科の学習に時間と手間をかけ過ぎた事。
副教科も大事にしなくてはいけませんが、効率悪いのはいけません。
次回はもう少し効率よく、手早く済ませたいものです。

はじめての中間で、定期テストを経験し、
次の期末テストで、定期テストが小学校のように簡単でないと知りました。

2回の定期テストを経て、2学期以降が本当の勝負になると聞きます。
英語も三単現のSがはじまるし、数学は方程式に入ります。

1学期はほんの導入。
2学期以降からやっと中学の学習が始まると思っていいかも。
しっかり取り組んでもらえるよう、チェックも怠らないようにしたいです。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.07.01 Sun
100円で定期テスト8割以上得点した方法
すごく思わせぶりなタイトルにしてみましたが、
内容はありきたりです。

でも初めての中間テスト前に実行していなかったら、
思うほどテスト勉強が進まず、
得点も伸びなかったかもと本気で思っています。

その方法とは、10ミリマスのノート(100円くらい)を使って、
テスト範囲と進捗状況の把握をした事です。

家の中だけで使うメモだったので、書きなぐりで汚い字ですが、
一応参考まで。

18070102

テスト範囲、ブンの学校では2週間前に発表され、
計画表も配られますが、実は使いにくいのです。
(一覧の左端に教科、上端に日付、どの日に何を勉強するか記入。)

ブンの場合、この提出用の計画表は(叱られないくらいに)適当に記入し、
実際はノートで管理しました。

◎まず教科ごとに範囲のワークページを1ページ1マスで記入。
間にしなくてよいページがあったら抜いておき、正味のページを把握。

◎勉強したら、その日付を記入し、進捗状況も把握。

簡単な事ですが「範囲」と「進捗状況」を“見える化”できました。
これが実際には効果大だったのです。
(30マスあれば、それは30ページ分あるということ。)

このおかげで、しなくてはいけないワークが、反復分も含めて、
中間で約150ページ、期末で約200ページもあると自覚できました。
総ページが分かると、1日あたりのページ数も分かります。

それに出来たページと、残りのページもひと目でわかる為、
「今のペースではまずい!もっとペースを上げなくては!」
とか配分も分かりやすかったのです。

(10ページくらいやって、ふぅ~と満足気なひと息をつくブン。
しかし残りが70マスあれば、間に合わないペースと気付ける。)

ハハも勉強の進捗ぶりをひと目で管理できるので、
「このままでは遅いんじゃない?」とか促すことができました。

それにハハに言われるだけなら、はっきり言って聞き流すブンでも、
自分でノートを見れば、自分で間に合うのかどうか判断出来る為、
ごちゃごちゃ言われる前にやるようにしていました。
(この本人が自己管理しやすかった効果は大きいと思っています。)

このおかげで、ワークをテスト前にはきちんと勉強でき、
ワークをしっかり取り組んでいたら、定期テストは8割くらい得点できます。

テスト前の2週間、子供にすれば長いです。
怠け心はしょっちゅう起きるし「もう今日はこの辺りで~」と、
自分に甘い判断をしがちです。

それが数日重なると、もうテスト範囲の勉強をやり切らずに、
本番となってしまいかねません。

そういうありがちなことを阻止する効果がありました。
ノート1冊(100円くらい)のおかげです。

ハハも初めての中間は、授業2週間分くらいだし、
ワークを配られたのも、ごく最近、テスト範囲も大したことないだろう、
と正直侮っていました。

しかしノートに書き出して、反復分も計算すると、
「えっ?150ページにもなるの?!」とびっくりしてしまいました。
ちなみにブンも絶句しておりました。

次に1か月後の期末テスト。150ページより多いと予測できましたが、
やはり約200ページありました。

ブンの同級生で、実はテスト範囲のワーク類が、
150とか200ページって知らない子も多いだろうな…と思いました。

反復なしでも中間65ページ、期末105ページって、
やっぱり知らないだろうな…。

8割を9割以上にしたい場合、一問一答ノートを作るとか、
もうひと工夫必要だと思いますが、まずはワーク類をするのが先決でした。

中間前、たまたま範囲をノートに書き出してみて大正解でした。
この方法は今後も続けると思います。

家庭学習    Comment(0)   Top↑