未分類 | おでかけ・散歩 | 幼児教育・教育他 | 家庭学習 | 国語 | 算数 | 理科 | 社会 | 英語 | 実技4教科 | 数遊び | おもちゃ | つみき | 絵本・読書 | 月のまとめ | 学年のまとめ | 読み書き計算 | ハロウィン | クリスマス | Z会 | 学校生活・生活 | 空手 | そろばん | 
ブログ内検索
学習支援動画(絶対おすすめ)
葉一さんの動画授業
 とある男が授業をしてみた

とある男が授業をしてみた
解説問題印刷もできるサイト完成  19ch.tv【塾チャンネル】

小3~小6 算数
中1~中3 英数国理社
高校数学 Ⅰ・A・Ⅱ
の動画授業を無料で公開。
丁寧で詳しく、広範囲を解説。
予習復習を強力に支援!
ブンも見ています。
大学受験支援サイト
 manavee(マナビ―)
大学生が先生の動画授業。
予習復習、センター、二次試験対策など。高校範囲。
出版社の動画授業
動画授業配信サイト
新興出版社啓林館
※教科書を出版している会社。
☆中学範囲(無料) 5教科
 ホントにわかる
☆高校範囲(有料) 数英理
 スマートレクチャー
リクルートの動画授業
☆小4~中3範囲 4,5教科
 2015年開講
 勉強サプリ
☆高1~高3範囲 5教科
 2011年開講
 受験サプリ
リンク
保険見直しにオススメ
終身医療保険に入っていないなら、保険の見直しをオススメします。
 終身医療保険・終身がん保険比較ランキング!
我が家の保険見直しの際、大変参考になりました(^^♪
工作に便利 (無料)
♪ペーパークラフト
 ヤマハ発動機株式会社
♪モーターを使った工作
 マブチモーターKidsサイト
♪無料ぬりえ2~5才向き
(こどもの好きそうなぬりえ多し)
 ぬりえランド
♪無料こどもぬりえ
 ぬりえやさん
♪無料イラスト素材(ぬりえ含)
 子供と動物のイラスト屋さん
♪印刷用イラスト素材
 イラストポップ
♪かわいいイラスト素材
 イラストわんパグ
♪季節や行事のイラスト
 季節や行事のイラスト市場
おりがみくらぶ (無料)
おりがみくらぶ
季節のおりがみがたくさん紹介されています!
おべんきょうに便利 (無料)
♪白地図をプリントアウトできる
 帝国書院
♪100マス計算、九九の歌など
 怪盗ねこぴー
♪ドッツカードのフラッシュ
 ドッツで遊ぼ
♪楽しい石の図鑑
 iStone 石の博物館
♪きれいな写真、花の図鑑
 私の花図鑑
♪季節の花がわかる
 季節の花 300
♪小学生の学習教材
 【ちびむすドリル】
♪幼児教材・知育プリント
 幼児の学習素材館
♪自由研究の参考になる
 学研キッズネット
キッズ@nifty(無料)
キッズ@nifty
無料のプリント(点つなぎ、めいろ、ぬりえ、ひらがな、カタカナ)など。百人一首もプリントできます!
百人一首ガイド
百人一首ガイド
小倉百人一首をイラストと音声とともに紹介しているサイトです。
伝承遊び
あそび教室
だるまさんがころんだなど、楽しい集団遊びが紹介されています。
ボードゲーム紹介
たっくんのボードゲーム日記
主にドイツのボードゲームの紹介が大量にあります。我が家は購入の際に参考にしています。
FC2カウンター
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリスマス関連お役立ち
☆クリスマスポップアップカード
 ペーパーミュージアム
☆クリスマスカード
 プリントアウトファクトリー
☆紙で作るサンタ&トナカイ
 SASATOKU HOME PAGE

      

☆本格的なお菓子の家
 手作りシフォンケーキ

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (北海道から)
 ひろおサンタランド

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (ドイツから)
※ブンはドイツのサンタさんへ手紙を出して返信をもらいました。
 2011年サンタさんの手紙・1
 2011年サンタさんの手紙・2
おうちで幼児教育
≪2016.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2016.09≫
プロフィール

bunnhaha

Author:bunnhaha
 ブン(女の子)2歳1カ月からの成長記録です。現在は公立小学校に通っています。
 幼児のうちから家庭学習を心掛けていました。もう幼児ではありませんが、馴染みのあるブログ名は当初のままにしてあります。

カレンダー(月別)
07 ≪│2016/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
いくつになったの
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ開始から
ブンの年齢表
2017年 小学6年生
2016年 小学5年生
2015年 小学4年生
2014年 小学3年生
2013年 小学2年生
2012年 小学1年生
2011年 幼稚園年長
2010年 幼稚園年中
2009年 幼稚園年少
2008年 3歳児
2007年 2歳児
「 2016年08月 」 の記事一覧
2016.08.31 Wed
炎色反応
夏休み最終日、公共施設の科学教室に行きました。
「炎色反応」の実験です。

この実験はブンより、ハハが大好き。
きれいで楽しい実験だと思いますが、ブンは冷静。
「そんなに嬉しがるかな?」というふうに冷めています。

16083102

花火は何度で爆発しているでしょう?1,700~2,000度です。
だからガスバーナーを使って高温で実験です。
7種類の金属を使いました。

①塩化リチウム
16083103

②塩化ナトリウム
16083104

③塩化カリウム
16083105

④塩化カルシウム
16083101

⑤硫酸銅
16083107

⑥塩化バリウム
16083108

⑦塩化ストロンチウム
16083109

順番に金属ごとの炎色反応を見た後は、各自でミニ線香花火を作り、試しました。
16083106

昔、教科書で炎色反応の写真を見て、きれいだなぁ、
実際に見てみたいなぁと思っても実験の機会に恵まれなかったハハです。
今になって見られても嬉しいなぁと思いました。

それに比べると、ブンはずいぶん恵まれていると思いますが、
有難みが分っていないようです。しょうがないです。 ┐(´д`)┌

理科    Comment(0)   Top↑

2016.08.29 Mon
映画「君の名は。」を見ました
お盆休み明けから2回あった土日は天気が悪く、
ブン父も仕事で、おとなしくしていました。

その代わりと言ってはなんですが、2週連続で映画に行きました。
8/24は「ペット」でブンのお友達が見たいと言い一緒に行きました。

感想は、まあ面白いし、まさに娯楽作品でしたが、
ハハにはビデオで見れば充分かな…と思えました。

翌週8/29は「君の名は。」です。
これはハハが見たくて、ブンについてきてもらいました。

16082901

ニュースで新海誠監督の紹介があり、映像美とライティングの凄さが、
短い宣伝映像でも分かり、ぜひ見たいと思ったからです。

新海誠監督は長野県の出身で、美しい景色に囲まれて育ったそうです。
主人公のひとり“宮水 三葉”は架空の町“糸守町”に住んでいますが、
ここは岐阜県飛騨市がモデルだそう。
田園風景が美しく、監督の経験が描かれているのだろうなと思えました。

もうひとりの主人公“立花 瀧”は東京在住ですが、
まさに都心、四ツ谷駅近くのマンションで、自宅から東京タワーが見える所です。

そんな環境が正反対のふたりが眠ることをきっかけに入れ替わるという話しで、
昔あった映画「転校生」みたいな話しかなと思ったら、違いました。
(あまり詳しく言えないので…)

糸守町も美しいですが、東京は実在の場所が描かれていますが、現実より美しい。
「風景は大都会だけど、空気は長野」というか、
青く輝く空、すがすがしく澄んだ空気の東京でした。

実際にはあり得ませんけどね。
こんな東京ずるい。美化しすぎと思いました。

もし将来こうなると素敵と思いました。ひ孫の時代か?いつかそのうち。
大都会の清流、ヒグラシの声…そんな時が来るといいです。
(都会と言えば、カラスの鳴き声が現実か…。)

“三葉”の都会への憧れも、監督の経験なのかな?
おしゃれなカフェに大はしゃぎのシーンがあります。

都会で暮らした事のある人は、思い当たるかもしれませんが、
疲れているときに都会の風景は、よけいに殺伐と見えたりして、
そんなにありがたいとも思えませんが。

でも秋田出身の知人が
「何年かぶりの帰省で、地元の居酒屋に行くと、
同級生の消息だけでなく、その兄弟の消息まで全部わかる、
そういうところがイヤ!!」と言っていました。
(東京はまるきり反対で、人間関係が希薄なところがいいと言う)

ブンは都心に憧れたりするかなぁ?
今のところ、関心が薄そうですが。(まだ小5だからか)
都心はお金持ちだと楽しい所ですよね~~。

都会への憧れ、田園への憧れ、どちらにしても本当にきれいな風景です。
話しの面白さもありますが、その風景がまた見たくて、
DVDが出たら、ぜひ買いたいと思いました。

あと、映画館へ行ったとき、大部分が若い人たちで、ブンがいて良かったと思いました。
ひとりとかママ友達となら、浮いていました。(小学生もまばらで10人もいない)

子どもが見たがったのでついてきました~という感じで見てきました。
気にしなければいいのですけど…(^_^;)
いい作品なので、幅広い層に見てもらえればなぁと思いました。

おでかけ・散歩    Comment(0)   Top↑

2016.08.26 Fri
しらこばと水上公園
毎年、夏休み恒例のプールに遊びに行きました。
今回は波のプールには、何となく行く気にならず、
流れるプールで、ずっと遊んでいました。
(東京サマーランドのニュースが頭に残って…(*_*))

16082602

今週は秋の陸上大会の為、朝練があり、普段なまっているブンは、
疲れ気味なのか昼食後、2時間ばかり木陰で昼寝。

起きておやつを食べてから、スライダーで遊んだり、
夏休みの終盤を楽しみました。

16082603

16082605

16082606

でも、去年までほどは楽しくなかったみたい。
理由は友達と一緒じゃないから。
もうハハとふたりきりでは、物足りないのですね。

ゲーマー仲間の男子は同級生3人だけで遊びに行ったりしています。
でも我が家では子供同士で行くのは、中学生からと思っています。
女の子だし、どのプールでも足がつきますが、やはり危険があるかと。

まあ自分たちだけだと、帰りの時間は気ままに決められて、
飽きれば早く帰ればいいだけですが。

こちらのプールは夏休み期間限定なので、今度はもう来年、
小6の夏休みに一緒に来たら、ハハと来るのもおしまいです。
そう思うと、名残惜しいひと時でした。

おでかけ・散歩    Comment(0)   Top↑

2016.08.16 Tue
徳島・鳴門
もう四国旅行の終盤です。
ブンが小3の時に時に来て、渦がなかった「渦の道」です。

16081622

16081623

しかも今回は満潮時間前後に、ちょうどバッチリです。
うまく渦が見えるでしょうか?

16081630

いそいそと奥に向かいます。
雨は上がりましたが、景色がグレーなんです。

16081624

はっきりした渦は見えません。それでも人だかりの多い所で見物。
遊覧船も数隻でて、その近くを見てみますが、
なんかさっきの渦っぽかった?という感じでした。

16081621

16081625

それでも以前と違って、潮の流れが強い。
風と波の音がゴーゴーして、迫力です。

16081628

今回はいとこがいなくて残念。
前よりずっと見応えあるのに。

16081627

これ海面に見えません。まるで激流ですね。

16081629

渋滞するから急ぎたいところですが、1時間くらいいてしまいました。
さあ先を急ぎましょう。

16081636

途中、淡路SAにトイレ休憩で寄りました。明石海峡大橋が見えました。
イルミネーションがあったり、反対側の観覧車の輝きがきれいでした。

16081626

ゆっくり写真を撮りたいところですが、カメムシが何匹も飛んでくる。
早々に退散するハメになりました。

16081632

17日は関東に帰りました。帰省ラッシュのピークは過ぎて、楽できるハズでした。
しかし中央道は、まだ帰省ラッシュが終わり切っていないこの時期に何カ所も工事。

緊急電話線の更新工事とか舗装工事で一車線しか使えないところが何カ所も。
混むところは1km10分という、ノロノロ運転。納得できない。

まだSAはファミリーで混み、道路も週末3連休の時と同じぐらい混んでいるのに。
なんで今工事??せめてあと一週間遅らせてくれれば落ち着いているのでは??

16081631

ノロノロ運転は少なくとも90分以上はあったし、遅れた分、
小仏トンネル19km70分という渋滞に遭遇し、不満やるかたなしでした…。
他の人は怒っていないのかな??来年はこの時期やめてくださいと言いたい。


必ずしも予定通りでないのが、旅行ですが、総括すると楽しかったです。
ブン父、長距離運転お疲れ様です。家族の為にありがとう。
またどこか遊びに行けるといいです。(^^)/ おしまい。


おでかけ・散歩    Comment(0)   Top↑

2016.08.16 Tue
高知・桂浜・高知城2
さあ今度は「高知城」です。
高知は24万石の大藩だったので楽しみです。

160816035

駐車場からすぐにお城が見えます。
敷地が広々としています。

16081613

16081612

16081614

高知城は山内一豊が1603年に創建し、1727年の大火で焼失。
1749年に再建され、現在の天守はこの時のものです。

16081618

高知城の天守は、外観は4重、内部は3層6階建ての建物で、
入母屋造りの屋根の上に望楼を載せている形です。

16081615

16081611

初期の古い様式で、姫路城なんかと比べると簡素な印象でした。
そして現存12天守のひとつです。

16081617

天守閣からの眺めです。あまり高くはないですね。
さあまた下に戻りましょう。

16081619

そろそろお昼です。回転寿司に行きました。
メニューに思いがけずカツオたたきがありました。
高知での食べおさめです(^^♪。

16081616

もう帰らなくてはいけませんが、また寄り道。
徳島の「渦の道」へ向かいますが、雨が本降りになりました。

16081620

実は昨日も夕立が降ったんです。
景色がグレーにもやってしまい、海を見るのに残念なんですけど、とにかく向かいました。

社会    Comment(0)   Top↑

2016.08.16 Tue
高知・桂浜・高知城1
翌朝、朝食を食べに行った先は「八乃森」というカフェで、
地元の人に人気のお店です。

16081602

開店8時に行きましたが、次々と人が訪れ広めの店内が半分ほどうまりました。
トーストやホットケーキなどのセットをオーダー。

16081603

飲み物は差額を支払えば変更でき、ブンは大好きなアイスココア。
朝からホイップクリームたっぷりの甘いココアににっこり
もちろん食べ物の方も美味しかったです。

満足したところで「桂浜」に向かいます。
まずは坂本龍馬の銅像は外せません。
高知と言えばここがイメージされるくらい有名です。

16081604

写真を撮ったら、桂浜に下りてみましょう。
波が荒いので海に近寄らないでくださいと係員から注意喚起が。

16081605

波打ち際から離れて写真を撮るのは自由です。
ここも有名な景色です。

16081601

あちらに見える岩の上の社に行ってみましょう。
海津見(わたつみ)神社龍王宮です。

16081634

16081607

ここも見晴らしのいい場所で、展望台もありましたが、
この社が景色に入っていないと、桂浜と分かりません。

16081633

次は「坂本龍馬記念館」へ向かいます。
駐車場へ戻る途中、おじさんが暇そうにしている露店があり、
いつもなら立ち止まったりしませんが、つい見てしまいました。

すると2,3cm程の小さな「ふぐ提灯」が売っていて、
帽子をかぶりひょうきんな表情、かわいいし、2つ買ってしまいました。

16081608

大きなふぐ提灯もありましたが、それはあまり可愛らしくナイ。
小さな旅の思い出です。

寄り道しつつも「坂本龍馬記念館」に到着、正面に龍馬像があり、
シェイクハンドで写真を撮れました。

16081609

展示は有名なあの写真や、筆まめだった龍馬の手紙(複製)などでした。
全般的に書面の資料が多い気がしました。

16081610

16081606

そして次は「高知城」に向かいました。

社会    Comment(0)   Top↑

2016.08.15 Mon
高知・四万十川・足摺岬2
この後は足摺岬へ向かいますが、その前に昼食です。
どこかいいところは?と思いながら進みます。

土佐清水市で目についた「足摺黒潮市場」へ入りました。
港のすぐそばで、レストラン内から漁船が見えました。

16081522

16081521

16081523

ここに来たらやはりカツオでしょうか。カツオたたき丼を頼みます。

16081525

ブンはカツオは好きでなく、ネギトロ丼でした。(どちらも1,400円也)
高知で食べるカツオはひと味違うと聞いていましたが、確かに美味!

16081524

美味しくてもっと食べたいと思いましたが、ふと見た生鮮コーナーの刺身が、
カツオたたき8切980円でした。え~お高い。パスしてしまいました…。

さあ、先を急ぎましょう。足摺岬はもうすぐです。
だけど、かなりグネグネした道を上りました。

繁忙期の為か、近くまで車で行けない様に誘導していました。
駐車場に停車し、バスで移動です。やっときましたよ~。

16081527

ジョン万次郎の銅像が迎えてくれます。
いいな~高知県は。偉人が多くて。
(我が家の住む県は、歴史上の有名人が思い浮かびません。)

16081528

展望台に来ました。風がやや強いですが、さすがの眺め。
四国最南端です。なかなか来られる所じゃありません。

16081529

16081526

16081531

16081530

あそこに見える白い灯台に行けるみたいです。
少し引き返し、分かれ道を進みます。

16081532

足摺山七不思議のひとつ「地獄の穴」ですって。
銭を入れるとチリンチリンと落ち、穴は金剛福寺まで続いているですと?

16081533

16081534

試しに小銭を入れてみました。
チリンチリンと長く鳴り、確かに不思議でした。

16081535

灯台まで来て記念写真を撮り、また引き返しました。
すぐ近くに「第38番札所 金剛福寺」があり、せっかくなので寄りました。

16081537

16081538

またおみくじ親子です。ブンは大吉!
こんな遠くまできて、ついている。

16081539

この日の宿は高知市内。あと約150km、頑張れブン父。
市内に着いたら、日本全国どこでも同じなイオンに行きました。
目的はコインランドリーでお洗濯。

その間にイオン内の和食屋さんで夕食を取りました。
宿が素泊りプランだった為です。

16081540

洗濯・夕食を済ませて宿に入りました。
我が家にしては珍しくハイグレードな宿で(^_^;)、夜景がきれいに見えました。

16081536

たまにはこんな素敵なホテルがいいなぁ。
我が家はいつもハイシーズンの旅行が多いし、宿のグレードを上げるのは難しいのでした。(*_*)

おでかけ・散歩    Comment(0)   Top↑

2016.08.15 Mon
高知・四万十川・足摺岬1
宇和島で泊まった翌朝、朝食を済ませて出発です。
これでもう高知に向かいますので、そっけないですが、
くるりと車で市内を回りました。

まず宇和島城です。ここも現存12天守のひとつですが、
登って見学する時間がない。仕方なく写真を撮るのみ。

16081502

次にJR宇和島駅の前を通りました。
我が家の弾丸すぎる日程の為、あわただしい。

16081503

この日の目的は四万十川で泳ぐこと。
日本最後の清流と言われている憧れの川です。

四万十川沿いの国道441号を行きますが、極細道です。
それなのに対向車は普通に来ます。

16081509

地元の人たちの生活道路でもあり、観光客も通ります。
一車線分しか幅のない所もたびたびで、3,4回どちらかがバックして、
譲り合いとなりました。(ハハは絶対運転したくないっ)

四万十川には沈下橋が複数あり、飛び込んで楽しむ姿をニュースで見て以来、
いつか同じように遊んでみたいと憧れました。

それで宇和島から南下していき、沈下橋の中でも景色がよく、
ポスター等の撮影場所にも選ばれるという「岩間沈下橋」を目指しました。

16081504

よし、下りてみよう。

16081501

到着は9:20くらい。ここにキャンプ場があり、テントも数張りありますが、
人影はまばらで、川遊びをしている人はいません。

16081507

国道側から沈下橋を渡っているところです。橋の左手がキャンプ場みたいで、
あまり写っていませんが奥手にテントがありました。

16081511

確かに景色はいいですけど…。

16081508

それに思ったより川遊びには大河過ぎる気が…。
でもとりあえずいろいろ写真は撮っておきたい。

16081512

キャンプ場は沈下橋を渡っていくようです。
たまたまトラックが通っていましたが、見ている方が怖い!

16081505

なんだかとても川遊びはできる気がしなくて、次に行こうとなりました。
(先に遊んでいる人が複数いれば別ですが…)

次は「口屋内沈下橋」へ。到着時間は10:00くらいです。
ここにもキャンプ場がありタープなど数張りありましたが、川遊びはいません。

16081510

16081513

国道沿い、近くにきれいな公衆トイレもあり、整備されているなと感じましたが、また南下しました。

16081506

そして「勝間沈下橋」まで来ました。
ここの近くにカヌーとキャンプの里かわらっこがあり、
カヌー教室の一団と思われる人たちがいて、飛び込みをしていました。

16081514

16081415

それに地元のファミリーも数組いました。
ああ、良かった。ここなら泳げそう~。

河原に駐車できそうなところがあり、砂利が固そうな所に停めました。
スタック注意と聞いていたので用心しました。

ブンが水着に着替えていると、トラクターがやって来て、
なんだ?と思っていると、近くの軽乗用車を牽引し始めました。
立往生で動けなかったようです。注意を聞いていて良かったと思いました。

16081516

憧れの清流です。さあ、泳ぐぞ~~。

16081518

しかしカヌーの人たちが去った後は、誰も飛び込みしません。
ブンも1度は橋の上まで行きましたが、結果的にやめさせました。
すごーく心残りでしたが。

16081417

カヌーの人たちは一番深そうな流れのある所で、
飛び込んでいましたが、岸から離れているのです。

岸から近い所は、このところの渇水で浅い。
川底で打ちつけるかもしれません。やはり安全第一で。

飛び込みしないとなれば、緩やか~な川の流れ。
あまり面白くありません。ブンも不満そう。

本当は大勢の子どもたちが、ワイワイ飛び込むのを見て、
それに混じって遊ぶと想定していましたが、大はずれでした。

こんなに人が少なくて、静か~とは思っていませんでした(^_^;)
仕方がないので、切り上げて昼食に行こうとなりました。

16081519

ちなみに勝間も国道沿いに駐車場付きの公衆トイレがあり、整備されていると感じました。
勝間に来るまでは極細道が現れますが、勝間から南は二車線で安心でした。

上流に向かって、大きなワゴン車やキャンピングカーが行くのが見え、
それも関東ナンバーが多かったので、ああ大変そうと思いました。


おでかけ・散歩    Comment(0)   Top↑

2016.08.14 Sun
愛媛・松山の旅2
車で少し移動しまして「松山城」まで来ました。
天守閣まではロープウェイ・リフトを使います。

最初これがよく分からなくて、両方乗らないといけないのかな?
と思いましたが、どちらか片方を選んで乗ればいいのでした。

16081414

ハハは行きはリフト、帰りはロープウェイにしましたが、
ブンと父はどちらもリフトに乗りました。

乗るのに混雑したら嫌だと思いましたが、スムーズでした。
片道ロープウェイ3分・リフト6分で短時間です。

松山城は、日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつです。
1603年に加藤嘉明が築城し、その後、落雷の為に焼失、
1854年に復興、現在に至ります。

ちなみにその現存12天守とは…
弘前城(青森県)・松本城(長野県:国宝)・丸岡城(福井県)
犬山城(愛知県:国宝)・彦根城(滋賀県:国宝)・姫路城(兵庫県:国宝)
松江城(島根県:国宝)・備中松山城(岡山県)・丸亀城(香川県)
松山城(愛媛県)・宇和島城(愛媛県)・高知城(高知県)です。

16081415

細かい話しはさておき、ロープウェイ・リフトから10分くらい歩きます。
快晴で見晴らしはいいけど、気温36度、汗がだらだら流れます。

16081417

でも眺めは本当に良かったです。
ところどころ休みつつ進みました。

16081418

松山城はそんなに大きくないだろうと思っていましたが、
標高132mの城山(勝山)山頂に本丸がある為、広々と感じました。

16081419

それに見ていると、つい姫路城を思い出してしまう風情あるお城でした。
混んでいなくて、ゆったりと見学できる点は、姫路城より良いです。

16081416

16081420

16081424

お城の窓からの眺めも、天守閣からの眺めも素晴らしく。

16081422

16081423

だけど、なにせ暑い。
頭から湯気が出ている気がします。

こんな時はアイスです。本丸のある広場まで戻り、売店にフラフラ入りました。
伊予かん味が爽やかで美味しく、生き返る心地でした。

16081425

松山城、良かったです。また季節のいい時期に来てみたいです。
この日は暑さで、注意力が半分以上落ちていましたので。(^_^;)

この後「坂の上の雲ミュージアム」へ。中は撮影禁止です。
展示はパネルが多く、司馬さんファン以外には地味に思えました。

16081427

坊ちゃん列車は、これか。

16081421

この時点で4時くらいでしたか、宿は宇和島だったので、
まだ90km先、トコトコ向かいました。

16081428

6時くらいに到着し、ゆっくりお風呂に入り、郷土料理を頂きました。
鯛めし・ふくめん・フカの湯晒などです。

16081426

松山で昼食時に、鯛めし屋さんで長い列を見て諦めたので、夕食で出てラッキーでした。
こういうの旅行の醍醐味と思いますが、好き嫌いの多いブンには不評でした。

社会    Comment(0)   Top↑

2016.08.14 Sun
愛媛・松山の旅1
これから四国三県を巡る旅行です。
頑張って早起きし4時半くらいに出発しました。

おかげで渋滞を回避できたので調子に乗り、
「しまなみ海道」を行くことにしました。

しまなみ海道はサイクリングロードが海の上を飛んでいるようだと、
外国人観光客に人気と聞き、見てみたかったのです。

16081402

16081403

16081404

幸い快晴で海も空も青い。
途中で写真を撮りながら、自転車じゃないけど景色を楽しみます。

16081405

16081401

でも実際に通ってみて思いましたが、海の上を通ったなぁと思うのは、
愛媛県近くになって「来島海峡大橋」まで来てからでした。

16081407

16081408

それまでは割と森の中を走る印象です。
個人的には帰省でいつも通る中央道と変わらない所も多い気が…。

ただSAとか見晴らしのいいところに来たら、さすがの展望でした。
ほとんどが海の上の景色かと思っていると、違っていると分かりました。

そうこうしているうちに目的地に着きました。
「道後温泉」です。ブンとハハは初めて来ました。なんだか嬉しい!

16081409

道後温泉のすぐ向かいが駐車所になっており、
ここから外観全体の写真が撮れます。(真正面ではないです。)

16081410

地上まで下りましょう。夏目漱石の石碑があったりして、
坊ちゃんの舞台に来たなぁと感じます。

16081406

真正面に来ました。ミストが噴射されて白くかすみます。
この時点で11時。当然、入浴して休憩室にも入りたいところです。

しかし、千と千尋を思わせる2階休憩室は満室で、順番待ち。
90~120分は待つという事です。

え~そんなに待てないと諦め、入浴だけにします。
1階の神の湯に入るだけなら、待ち時間ゼロでした。

中は残念ながら撮影禁止で1枚も撮れず。
ただ湯船につかるだけのつもりでしたが、汗も流そうとみかん石鹸を買いました。
これがすごくいい匂い。まさにみかんです。お土産に2つ買いました。

16081412

せっかく来たのに、休憩室に入れないなんて残念と思い、振り返りましたが、
よく見ればクーラーもなく、混んで暑そうだったので、
まあ、いいか…という気持ちになれました。

16081413

松山は路面電車が走っているのです。
我が家にとっては珍しい風景です。時間があれば乗ってみたかったなぁ。
次は松山城に向かいました。

社会    Comment(0)   Top↑

2016.08.13 Sat
奈良・飛鳥の旅2
高松塚壁画館から「国営飛鳥歴史公園館」へ戻りまして、今度は鏡づくりです。
内部にいろいろ展示がありましたが、時間がなくてパス。

16081323

中庭にひょうたんが植えられていてパチリ。
ブンは見るの初めてです。

16081322

目的は別棟にあります。普段は団体予約しか受け付けていないようですが、
お盆とか大型連休の時は、その場で申し込みできる体験メニューがあるようです。

16081324

勾玉(まがたま)づくり、鏡づくり、小枝などのクラフトがあり、
ブンといとこで参加しました。

富本銭づくりがあればハハもしたかったですが、今回はありませんでした。
(最古の鋳造銭のレプリカ欲しかったなぁ。)

16081325

古代の鏡は銅製ですが、レプリカはコンロでも溶ける錫(すず)を使います。
ブンは小1の時に小さい鏡を作りましたが、今回はもっと大きくて立派です。

16081321

コンロで溶かすのはアッという間、5分もかかりません。

16081327

それを型に流し込んで15分待ちます。

16081328

それから余分な部分を折り取って、ひたすら磨きます。
ここが一番しんどいところです。

16081329

16081330

きれいに磨けばそれだけいいものが出来ます。頑張れ。

16081334

高松塚古墳から出土した海獣葡萄鏡(かいじゅうぶどうきょう)レプリカが完成。
直径8cmくらいあります。ある程度の大きさがあるので鏡らしいです。
(前に作ったのは直径4cmくらいで小さい。)

ちなみにお値段1,500円。所要時間60分。
小型版もあり直径5cmくらい、お値段500円でした。(大小どちらか選べます。)

飛鳥でいろいろ見学体験でき、満足でしたが、
帰りはちょっと寄り道して「唐招提寺」へ行きました。

唐招提寺は鑑真のつくったお寺です。
歴史の本や教育番組を見ると、絶対と言っていいほど出てきます。
まだブン父も行ったことがなく、家族みんな初めてでした。

16081326

鑑真は奈良時代の高僧で、正しい仏教を伝えるために唐から来日します。
渡航は12年間のうちに遭難などで5回も失敗し、度重なる苦労の為に失明しますが、
6度目に成功、754年にようやく日本にたどり着きました。
日本で過ごした10年間のうち、5年は東大寺で、残りの5年は唐招提寺でした。

16081333

中国人観光客の人が、京都奈良に来て「唐がここにある。」と感動するそうですが、
唐招提寺を訪れた人は同じような感動が味わえそうです。
伽藍が大きくてしんと静まり、ゆったりとした空気を感じました。(悠久の時とはこんな感じ?)

16081335

ここに鑑真和上坐像(国宝)がありますが、
一般公開されるのは6月5日~7日の3日間のみなのです。

16081332

それ以外の日は、開山堂でレプリカ像が展示されています。
レプリカでも撮影禁止なので、おみやげハガキの写真です。

16081331

ブン父は実は唐招提寺にあまり期待していませんでしたが、
あの唐を思い起こさせる空気感に感動していました。

ブンとハハなんかも、歴史に詳しくありませんが、同じく唐を想像して感動しました。
飛鳥、奈良時代の史跡巡りで、いい体験となりました。

社会    Comment(0)   Top↑

2016.08.13 Sat
奈良・飛鳥の旅1
お盆休み、帰省しましていろいろ旅行してきました。
まずは奈良飛鳥に日帰りで行きました。

京都や奈良の有名なところだと激混みかもしれません。
それに比べたら少しマイナーですいているかもと選びました。

まずは「飛鳥寺」です。
こちらは596年蘇我馬子によって建立されたと伝えられる日本最古の仏教寺院で、
現存する仏像の中ではこれまた日本最古と言われる「飛鳥大仏」がご本尊です。

16081303

こちらの境内を抜け、裏に回るとすぐ近くに「蘇我入鹿首塚」があります。
入鹿は蘇我馬子の孫になります。
大化の改新で、中大兄皇子にはねられた首が落ちたと言われる場所が蘇我入鹿首塚です。

16081302

次に向かったのは「石舞台古墳」です。
蘇我馬子の墓と言われる遺跡です。

16081304

入場料を支払い中に入ると、すぐ近くまで行けます。
とても大きいです。

16081305

すぐ脇に石の階段があり、石室の中に入れます。
写真は天井部分。日が漏れています。

16081301

外から見ても大きかったですが、中に入った方が大きく感じました。
石に囲まれるからですかね?

16081307

石舞台古墳のすぐ近くに見晴らしのいい場所(無料)があり、
古墳全体を眺めることが出来ます。外観を見たいだけならここでもいいかも。

16081308

見学の後は早めの昼食です。
石舞台古墳の近くにある「夢市茶屋」へ行きました。
ここで古代米のメニューが食べられます。

16081309

古代米は特に変わった味もせず、見かけは赤飯みたいです。
クセも感じないので、普通のご飯と同じ様に食べられます。

16081306

ブンは古代米を食べたことがありましたが、試食程度だったので、
今回はしっかり食事として食べることができました。

16081310

次は「国営飛鳥歴史公園館」方向へ行きますが、その途中にもいろいろ遺跡が。
「伝板蓋宮跡」(でんいたぶきのみやあと)は、入鹿が暗殺された宮殿の跡です。

16081312

車で行きましたがナビに入れるもの、住所などもないので、
近くの明日香郵便局を目印にしました。

16081313

駐車場の有無も分かりませんでしたが、行ってみるとUターン出来るつくりの道路があり、
短時間なら駐車しても問題なさそうなところでした。
まあ見学時間は10分もかかりませんからね。

次は「天武・持統天皇陵」です。
駐車スペースもありましたが(後で気付いた)、駐車場を知らずに裏側から登ってしまい、
こんもりとした山の小道を行きました。

16081314

ちなみに天武・持統天皇って?確か日本史で習ったはずと思い出しますと、
天武天皇は中大兄皇子(のちの天智天皇)の弟で幼名は大海人皇子(おおあまのおうじ)です。

16081315

中大兄皇子の子、大友皇子(おおとものおうじ)と皇位を争い(壬申の乱)、
これに勝って天皇になりました。持統天皇は天武天皇の皇后です。
ともに天皇を中心とした律令体制を固めました。

16081311

そして「国営飛鳥歴史公園館」に着きました。
でもここでも有名な遺跡があります。「高松塚(たかまつづか)古墳」です。
駐車して10~15分歩きました。

16081317

近くに「高松塚壁画館」があり入ります。「西壁女子群像」が教科書に載っていますよね。
中には壁画のパネル展示と出土品のレプリカ展示がありました。
正直、本物が見られるなら別ですが、模造品だけなので地味に感じました。

16081318

16081316

飛鳥は本当はレンタルサイクルで回るのがオススメらしいです。
確かにコンパクトに遺跡が散らばっており、あちこちに名所がありました。

すいていそうという理由で選びましたが(確かに混んではいない)、
飛鳥時代を実感させる歴史の宝庫で来てよかったと思いました。その2に続く。


社会    Comment(0)   Top↑

2016.08.11 Thu
夏休みの宿題
もう8月、山の日ですね。
今更ですが、ブン小5の夏休みの宿題の内容です。

・理科自由研究or創意工夫 どちらか1点
・読書感想文 400字3枚以上
・絵や習字などリストから選択 1点
・親子体験文集 1枚
・平和のポスター 1枚

・夏のドリル(国算各9回)
・漢字ドリル(10回)
・計算ドリル(38回)

5年生になって家庭科の創意工夫が出されると覚悟していましたが、
選択だったので助かりました。

簡単で楽な「塩の結晶」で済ませます。
夏休み明けに、学年で4,5人くらいとテーマがかぶりそうですが。

ブンは小2から毎年自由研究をして、去年から要領がつかめてきました。
それで悪い意味でも慣れてきて、学外コンクール代表に決まる子以外は、
内容の評定は、ほぼなしと分かり、とにかく提出していればいいや…と。

中学になれば2学期の内申点にかかわるそうなので要注意ですが、
今年と来年はまあいいかと力作でない普通作で。
(それでも7日間くらいかかりましたが。)

それより頭が痛かったのは読書感想文でした。
感想文は「はじめ・なか・おわり」の3部構成で書きます。

「はじめ」は本を読んだキッカケなど導入部分です。
「おわり」は作者が言いたかったことや、強く感じたことなど、まとめです。

問題は「なか」です。
本を読み進めるときに、感動したポイントに付箋を2~4枚つけ、その感想を書きます。

感想はいきなり書くわけにいかないので、
“その場面の説明”+“感想”をセットにして × 付箋の数
を繰り返すのです。

ところが“その場面の説明”は物語のまとまりの要約なので、
そこが苦手で、ひどい出来栄え。読んでも、どんな話しだったのか分からない。

読解問題集でも要約がまずくて苦戦しますが、それがそのまま表れます。
仕方ないので、ハハがだいぶん助けました。(T_T)

絵1枚は今書いているところですし、ドリル類は日々ちびちび進めてもう完了。
我が家は、宿題大物はお盆前までにと頑張りますので、今年も予定通りです。

家庭学習は、特に増量せず、いつも通り。
夏休みは学校の宿題もそこそこ出ますし、科学教室などのイベントや、
夏らしいレジャーも多いので、増量なしでも忙しいのです。

夏休みはまとまった学習のチャンスとよく言われますが、
我が家は割と通常です。暑いし体力も消耗するし。

年間を通じて一番勉強しやすいのは、夏休みよりも、
「3学期の終盤から新学年のはじめ」と思っていて、
実際よくはかどりますし、学校からの宿題なしで気を緩めやすいのを防げますし、
ホントは春先が大チャンスです。

まあ、意見としては少数派になりそうですが。
これからお盆が本格的にはじまります。
暑さに気を付けて楽しみたいと思っています。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2016.08.10 Wed
ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集
ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集なんとか終わりました。(8/8・48ポイント)
この問題集は過去に2回挫折して、棚上げを繰り返しましたが、やっとです。

16080802

設問ごとにレベルが3段階で設定されており、
(★全学年対象 ★★小3以上 ★★★小5以上)
高学年になって、はじめてやりきることが出来ました。

16080801

スポーツで例えると「試合」より「パス・ドリブル・シュート」の基礎練習を、
充分に積もうという問題集です。

ですから穴埋め式・選択式の問題から、記述式の問題まで幅広く、
・「言いかえる力」抽象・具体の関係を整理する力
・「くらべる力」対比関係を整理する力
・「たどる力」因果関係を整理する力
これら3つの力をつけていく構成です。
でもこれがなかなか難しかったです。日々ふうふう言いました。

例えば「~とは、~である。」と言いかえる短作文では、
まず全くアイデアが思い浮かばなくて、四苦八苦。
ヒントをもらい、ひねり出した作文は当たり前すぎる文章。

答え合わせは、正誤以外にも、出来栄えを判断できるように解説があります。
「紅茶とは、飲み物である。」は正解だけど、あえて文章にする価値が感じられないのでB。
「紅茶とは、心を温めてくれる飲み物である。」であれば価値が生まれるのでAやAAになる。

でもブンは、Bレベルを考え出すのがせいぜい。
気の利いたAやAAレベルなんて、まずあり得ない。
だけどBでも、正解ならよしとしました。

長めの記述なら、もっと大汗かかなくてはいけません。
「ラジオとテレビの共通点と相違点を文章化しなさい。」などは、
机でうんうん唸っていました…。

それでも1冊やりきると、何だか3つの力の要領が少し分かってきたかも?
という手応えがありました。やって良かったと思えました。

しかし夏休みの宿題、読書感想文を書かせたところ、
あらすじの要約が出来なくて、ハハの助けなしに書けませんでした。

少しは国語力が上がったかと思いましたが、まだまだでした。
国語はなかなかと言うか、結構苦労しています。
次の問題集は「本当の国語力」が身につく問題集2に進みます。

国語    Comment(0)   Top↑

2016.08.06 Sat
縄文時代の貝製腕輪の製作
明治大学の考古学研究室で子供向けイベントがあり参加しました。
内容は縄文時代の貝製腕輪の製作です。

こちらは小5から中学生までが対象で、今年からやっと参加できます。
大学の研究室で実際に研究していることの一端を学ばせてもらえて、
教授直々に解説して頂けるというので、少し緊張しました。

16080603

でも参加者14名のうち大部分は小学生で、付き添いの保護者は10名、
普段の科学実験教室と参加者の様子が同じだったので緊張はとけました。

さて肝心の内容は…実験考古学という仮説を実験で確かめるというものです。
遺跡から出土している貝輪がどのように作られ、どのように使われたか?
再現してみて確かめる内容です。

材料はベンケイ貝、厚みがあり頑丈です。
北海道南部から九州で生息し、海岸に打ち上げられたものを拾えます。

貝輪は作る時に割れてしまうことが多く、高価なものだと思われていたそうです。
しかしこちらの教授が気付いた石を2つ使う方法だと成功率が高く、
量産できることが分かりました。その量産できる方法で実行しました。

その1、石1つで貝の中心に穴をあける。

16080602

その2、石2つで貝の穴を広げる。
ちなみに石1つですると割れてしまい難しいそうです。

16080604

16080605

その3、砂岩で磨く。

16080601

穴の内側が円周15cmくらいの貝輪が出来ました。
これで縄文時代の大人用サイズ(女性)だそうです。

16080606

当時の成人は身長140cmほどで、手も小さかったようです。
ブンには入りました。

16080607

作業の合間に実物の出土品を見ながら雑談っぽく教授のお話があったり、
学術的な雰囲気を感じ取れました。

16080608

とても知的な香りというか、研究室の本物の学問というか、
何だかブンに憧れてもらいたいと思うものがありました。

普通に進路を進めば中学→高校→大学と、
ブンもどこかで研究室に入ることもあるかもしれません。
興味を持って打ち込めるものに、将来出会ってくれたらなぁと思いました。


社会    Comment(4)   Top↑

2016.08.03 Wed
アプリ ユメタン1
英単語を覚える努力、地道に続けています。
アプリユメタン1(1,000語)すごく長くかかりましたが10回反復終了しました。(7/30)
去年の11月15日スタートで、8ヶ月くらいかかりました。

16080303

理由はユメタン1の単語が難しい事と、ユメタン0(800語)の復習も間に入った事です。
せっかく覚えたユメタン0を忘れる訳にはいきません。
定期的に復習を挟みました。

相変わらず「一単語=一意味」で不十分と言えばそうですが、
肉付けは中学以降だと割り切っています。

その点はサプリの関講師の教え通り、
“「1単語=1意味」でも覚えないと取り掛かりすらない”ので、初期段階を固めるつもりで。

次はユメタン2(1,000語)に進みます。ユメタン0と1の復習も挟みますし、
単語はますます難しくなるので、さらに暇がかかると思います。

でもカタツムリ並みに遅くとも、ちびちび進めます。
ちびちびでもやっていると、何か月か後には終了出来たりします。

それにしてもブンに黙っていますが、ユメタン1はセンター試験レベル1,000語でした。
ユメタン2は国公立大2次、難関私立大レベル1,000語なんですよね。(^^; ヒドイ

だけども毎日、単語にかける時間は10~20分。
スプラトゥーンに費やす時間を減らして単語勉強しても許される。
それに記憶力は高校生より小学生の方が有利とも聞きますし…。

いずれにしても本格的に英語を勉強するようになれば、今の状態では不十分で、
知識の補充がいるでしょうけど「取り掛かり1,800語→そのうち2,800語」と核があれば、
後々やっぱりやりやすいかと。

実際、英検受験でも助けられたようですし。
復習も大事にしつつ、のんびりゆっくりと継続していきます。

英語    Comment(0)   Top↑