未分類 | おでかけ・散歩 | 幼児教育・教育他 | 家庭学習 | 国語 | 算数 | 理科 | 社会 | 英語 | 実技4教科 | 数遊び | おもちゃ | つみき | 絵本・読書 | 月のまとめ | 学年のまとめ | 読み書き計算 | ハロウィン | クリスマス | Z会 | 学校生活・生活 | 空手 | そろばん | 
ブログ内検索
学習支援動画(絶対おすすめ)
葉一さんの動画授業
 とある男が授業をしてみた

とある男が授業をしてみた
解説問題印刷もできるサイト完成  19ch.tv【塾チャンネル】

小3~小6 算数
中1~中3 英数国理社
高校数学 Ⅰ・A・Ⅱ
の動画授業を無料で公開。
丁寧で詳しく、広範囲を解説。
予習復習を強力に支援!
ブンも見ています。
大学受験支援サイト
 manavee(マナビ―)
大学生が先生の動画授業。
予習復習、センター、二次試験対策など。高校範囲。
出版社の動画授業
動画授業配信サイト
新興出版社啓林館
※教科書を出版している会社。
☆中学範囲(無料) 5教科
 ホントにわかる
☆高校範囲(有料) 数英理
 スマートレクチャー
リクルートの動画授業
☆小4~中3範囲 4,5教科
 2015年開講
 勉強サプリ
☆高1~高3範囲 5教科
 2011年開講
 受験サプリ
リンク
保険見直しにオススメ
終身医療保険に入っていないなら、保険の見直しをオススメします。
 終身医療保険・終身がん保険比較ランキング!
我が家の保険見直しの際、大変参考になりました(^^♪
工作に便利 (無料)
♪ペーパークラフト
 ヤマハ発動機株式会社
♪モーターを使った工作
 マブチモーターKidsサイト
♪無料ぬりえ2~5才向き
(こどもの好きそうなぬりえ多し)
 ぬりえランド
♪無料こどもぬりえ
 ぬりえやさん
♪無料イラスト素材(ぬりえ含)
 子供と動物のイラスト屋さん
♪印刷用イラスト素材
 イラストポップ
♪かわいいイラスト素材
 イラストわんパグ
♪季節や行事のイラスト
 季節や行事のイラスト市場
おりがみくらぶ (無料)
おりがみくらぶ
季節のおりがみがたくさん紹介されています!
おべんきょうに便利 (無料)
♪白地図をプリントアウトできる
 帝国書院
♪100マス計算、九九の歌など
 怪盗ねこぴー
♪ドッツカードのフラッシュ
 ドッツで遊ぼ
♪楽しい石の図鑑
 iStone 石の博物館
♪きれいな写真、花の図鑑
 私の花図鑑
♪季節の花がわかる
 季節の花 300
♪小学生の学習教材
 【ちびむすドリル】
♪幼児教材・知育プリント
 幼児の学習素材館
♪自由研究の参考になる
 学研キッズネット
キッズ@nifty(無料)
キッズ@nifty
無料のプリント(点つなぎ、めいろ、ぬりえ、ひらがな、カタカナ)など。百人一首もプリントできます!
百人一首ガイド
百人一首ガイド
小倉百人一首をイラストと音声とともに紹介しているサイトです。
伝承遊び
あそび教室
だるまさんがころんだなど、楽しい集団遊びが紹介されています。
ボードゲーム紹介
たっくんのボードゲーム日記
主にドイツのボードゲームの紹介が大量にあります。我が家は購入の際に参考にしています。
FC2カウンター
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリスマス関連お役立ち
☆クリスマスポップアップカード
 ペーパーミュージアム
☆クリスマスカード
 プリントアウトファクトリー
☆紙で作るサンタ&トナカイ
 SASATOKU HOME PAGE

      

☆本格的なお菓子の家
 手作りシフォンケーキ

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (北海道から)
 ひろおサンタランド

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (ドイツから)
※ブンはドイツのサンタさんへ手紙を出して返信をもらいました。
 2011年サンタさんの手紙・1
 2011年サンタさんの手紙・2
おうちで幼児教育
≪2015.01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2015.03≫
プロフィール

bunnhaha

Author:bunnhaha
 ブン(女の子)2歳1カ月からの成長記録です。現在は公立小学校に通っています。
 幼児のうちから家庭学習を心掛けていました。もう幼児ではありませんが、馴染みのあるブログ名は当初のままにしてあります。

カレンダー(月別)
01 ≪│2015/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事
最近のコメント
いくつになったの
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ開始から
ブンの年齢表
2017年 小学6年生
2016年 小学5年生
2015年 小学4年生
2014年 小学3年生
2013年 小学2年生
2012年 小学1年生
2011年 幼稚園年長
2010年 幼稚園年中
2009年 幼稚園年少
2008年 3歳児
2007年 2歳児
「 2015年02月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.02.28 Sat
お雛祭り
2月も今日で終わり、もうすぐお雛祭りです。
明日、岩槻で“流し雛”が催されますが、天気はあいにく雨の予報…。
そのうえ我が家の車が車検でないのですよね~。

晴れならば、多少遠回りになっても電車で行くのもありかと思いましたが、
雨で電車はなぁ…と横着な考えで、出掛けない事になりそうです。

それでも、何もないのも淋しく、いつもの神社の雛飾りを見に行きました。
(もう学校から帰るのが遅いし、習い事もあるしで平日に行けません。
3月3日のお茶席も時間が間にあわなくて無理なのです。)
毎年のことですが、なんだか厳かな雰囲気です。

15022802

15022804

15022803

小3の3学期、国語の教科書でカルタの話しが出てきまして、
もとになる遊びで「貝おおい」の紹介があったりして、
去年もこれが本物のはまぐりのカルタだよ~なんて教えていたりしましたが、
実際の授業は高速で、さっとおしまいだったそう…。
(先生、カリキュラムの消化が遅れていたのですかね??)

15022805

15022801

ハハにすると百人一首をクラスでするとか、
そういうのがあればよかったのに~と思います。
クラスで取り組むと家でするより、集中力が全然違いますから。

雛飾りを見た後は、近くのケーキ屋さんでお雛ショートを買いました。
我が家は雛祭りに桃の花を買って飾ったり、
きれいな花のようなチラシ寿司を作ったりは全然しませんので、
お雛ショートにお祝いの気持ちを込めて。

15022806

手抜き感ありますが、ブンの成長と幸福は心から願っています。ホント。
スポンサーサイト

おでかけ・散歩    Comment(4)   Top↑

2015.02.24 Tue
出口汪の新日本語トレーニング1
ブンの読解力のなさに悩んで選んだ本です。
やり始めてすぐ「これは、アタリかも!」と思えました。(2/20終了・15ポイント)

15022102

このシリーズは6冊ありまして、中学受験をしない小学生だと、
3冊目までやるといいそうです。(4冊目からは難易度UPらしいので)

1冊5ステップあり、1ステップ20頁くらいあります。
前書きには1日1ステップ、一気に学ぶ方が効果的と書いてありますが、
ブンなどは1ステップ1時間以上かかるので、1回10頁(30分)めやすで進めました。

1ステップを2つに分けて学習×5ステップ分×3巡= 30回学習でした。

内容は対話形式なので、先生部分をハハ、それ以外をブンにして、
全編ふたりで3巡学習しました。
(先生と男の子、女の子、先生のセリフが一番少ない。)

15022103

最近、他では自分で学習を進めてもらっているので、ハハには負担でしたが、
本当に対話して進めた方が印象に残るし、音読なので効果的かなと思った訳です。

問題数は少なく重要ポイントは「主語、述語の見つけ方」指南にあります。
だから対話形式の解説部分が、どれだけ身につくかが肝心なのです。

主語、述語をみつけるなんて初歩過ぎると思うかもしれませんが、結構難しい。
ブンなどは1ステップの後半から、もうすんなり答えられませんでした。

例:花火は、だれもまだ、いちども見たことがありません。
正解:主語 ×(なし) 述語 ありません

述語がみつかっても、実は主語が書かれておらず、述語を説明する語句と、
混同して「花火は」とか「見たことが」と答えたりするのです。

主語、述語を中心に、言葉のつながりを考える練習が1冊ずっと続きます。
それで文章の読み取りのグラグラ感が減った気がします。

それに「本文から抜き出しなさい。」なら分かると言うブンも、
「短くまとめて答えなさい。」となれば苦手と言うのですが、
それも主語、述語が分かれば、説明部分を字数制限によって、
長くとったり、短くしたりと自在です。

1巡すると問題の答えをだいたい覚えているので2巡目からは、
問題練習としてはどうかと思いますが、考え方を身につけるのによいのでは。

この本の前書きにすごくいい効果をうたっています。

“論理的思考力を高める為の学習プログラム”
“もっと勉強ができるようになりたいと願っている人向き”
“授業がよくわかり、テストの成績も上がる”などとあり、

「え~、本当ですか?本当だったらなんて素敵!」と思ってしまいます。

“勉強で使う日本語の力が飛躍的に向上し、論理的思考力と読解力、
情報を整理して把握する力などが身について、あらゆる学習の効率と、
確実性が向上するでしょう。”

この通りだったら、国語読解力に限らず学習全般において、
すごい効果ということです。

あまりにいい効果を書いてあるので半信半疑なところもありますし、
当然、効果には個人差がありますなんていうのも考えられますが、
とにかく3冊目まで進めてみようと思いました。

この本の学習3巡目の途中で、Z会2月号国語の添削問題を解いたブンは、
スラスラ解けた~などと調子のよい事を言っていました。

まだ提出前で答えが分からないのですが、ザッとみたところあっている様子。
早速効果が出たのか?それとも問題がいつもより易しいのか?
よく分かりませんが、本文がいつもより正確に理解できたのかな?

まぐれにしろ、手応えがいいのに越したことがありません。
今後も様子を見ていきたいと思います。

国語    Comment(0)   Top↑

2015.02.23 Mon
都道府県と県庁所在地
都道府県と県庁所在地は小4社会の2学期でテストがあるそうですが、
ブンのクラスでテストをすることになりました。

小3の範囲では自身の市町村ばかりですから、ちょっと先取りになり、
授業で習うこともなく宿題としてプリントが渡されていました。

ブンは「小学4年生までに覚えたい日本の都道府県」を年長の時に買い、
何度か繰り返して、あと「見えるぞ!ニッポン」のおかげで、
ひらがなまじりでいいなら47個覚えていましたが、
漢字ではマスターしていませんでした。

でも今回は全部漢字でチャレンジ。ひと通り練習してチェック。
(テストまで1日1回チェックして定着させる作戦)

1回目 23/47 24個間違い、また練習。
2回目 37/47 9個間違い、また練習。

もうブンは満点取れるつもりでチェック。
3回目 47/47 満点おめでとう。

満点が3回連続で取れたら実力は本物。頑張れ!
と言ってチェックを繰り返したところ…。

4回目 46/47 取鳥県× 鳥が先ね。

連続3回で余裕で満点のつもりだったブンは、
今から3回連続チェックする~と癇癪おこして泣きべそ。
あの…他にも宿題多いし、そんな暇ないから次に気をつけて。

5回目 46/47 福鳥県× うっかりミスと思うけど、鳥じゃなくて島ね。

ブンはわかったと言い、もう癇癪おこしませんでした。

6回目 46/47 まさかの鳥根県× もしかしてギャグ?本番じゃなくてよかったね。
7回目 47/47 満点おめでとう。

3回連続満点を出来ないうちにテストになりました。
本番は満点のつもりですが、うっかりミス女王のブン、心配です。

まだ習っていない都道府県を皆がどのくらい覚えてくるか興味ありましたが、
テスト終了後、ブンのまわりでは「あと6個書けなかった~。」「あと5個だった~。」
と悔しがる男子がいたと言う事で、意欲的な子が多かった様子でした。

その時ブンは「私は全部書けたよ。漢字で。」といい格好をしたそうで、
それを聞いて、ますますミスがなければと心配でした。

で、結果は満点でした。よかったね。

15022301

ちなみにクラスで満点は、ブンと男子2人の3人でした。
(ひらがなまじりでも○)

満点の子は合格シールをもらい、次は県庁所在地のプリントをもらいました。
1週間後の2回目テストで、都道府県、県庁所在地のどちらがでるか分かりません。

ブンは県名と県庁所在地の違う18個を漢字で覚えました。
そしてチェックを繰り返すこと7回。
テストは前回合格だった3名は県庁所在地で、ブンはまた合格できました。

さらに1週間後の3回目テストはマップテストだという予告が。
マップテスト?どんなの?(ブン)わからない。

県の形のシルエット問題でしょうか?
よくわからないけど、その可能性があると思って、公文の日本地図パズルで確認です。

47のピースを裏向きにバラバラに並べて、何県か答えます。
裏向きの理由は、表だと県名が書いてあるからなのですが、
ブンは向きも北が上と限らないのに、よどみなくスラスラ答えハハがびっくりしました。

15022302

パズルと見えるぞ!ニッポンのおかげと思われましたが、
楽勉の成果をはじめて見た気がしました。

都道府県と県庁所在地、おおよそ覚えていましたが家でとなればダラダラなのに、
学校でテストとなると短期間でサッサと覚えました。
やはり学校の効果はすごいなぁと感じた出来事でした。

社会    Comment(2)   Top↑

2015.02.23 Mon
幼児教育とその後をふりかえって 小3・2月
幼児教育と言いましても、我が家の場合、幼児期の家庭学習の事ですが、
そういうのを気にしていない家庭より熱心だったのは確かで、
我が家の場合限定で、振り返ってみたいと思います。

【ペーパー学習について】

◎赤ちゃん~年中まで

自分自身はいろいろ試行錯誤をしていたのに何ですが、
今考えるとちょっと過剰だったかと。

ブンがまともにペーパー学習をしたのは年少の終わり頃ですが、
ワークブックが出来るとすごくいい事のように感じて焦り過ぎだったかと。

ただまったく何もしていないのも小学校入学準備になってから戸惑いそうなので、
何か使いやすい教材を選んで、やったりやらなかったり“むら”がありながらも、
年少、年中の2年間を通して結果的にやっていたねくらいはいいと思います。

それで教材は何がいいかと思いだしますと、我が家は「幼児ポピー」がよかったかな。
価格が安く(1カ月1,000円程度)量も少ない(1日1,2頁)、
難しくないけど運筆、数など学習の下準備は出来る内容です。

その当時は、少なすぎる、易しすぎると思いましたが、
ポピーが終わったら、終わったね、頑張ったねと親子で気分よく達成感を味わって、
その後は何か他に追加したりせず、外遊びなり、室内遊びなりでOKな気が。

幼児向きの通信教育も内容の易しさを考えると、高いのでもったいないかな。
1カ月3,000円くらいするので、添削なしのワークで済ませて浮いたお金で、
百科事典や図鑑などを買う方がいい気がします。

◎年長のとき

年長についてはそれまでとちょっと違います。
やはり小学校入学後に備えます。

どのくらいかと言えば、まわりの子が出来るくらいの事は出来る程度です。
・ひらがな、カタカナが読める、書ける。
・1桁の計算(加減)が出来る。
このくらいは当たり前でした。ブンの時は。

この頃に、すごくよかったアイテムは「DSソフトドラがな」です。
ゲームを与えるリスクがありますが、ひらがな、カタカナ、小1漢字を、
正しい筆順とバランスの良い字体で練習でき、身につきました。

その書き順、違うよと親が言うものなら、きぃーとなったブンも、
ドラがな相手では癇癪起こしても無駄ですから。
それにドラがなは一筆一筆すべてチェックで見逃しなしで徹底していました。

ブンは硬筆を習ったことがありませんが、その割には丁寧な字を書く方なのは、
ドラがなの成果かと思います。

今ならチャレンジのタブレットで同じような練習が出来るみたいですね。
このタブレットはブンが小3のときに始まったみたいで、
ブンが小1の時は、もっと性能の劣る付録のマシンでした。

それから算数、計算についてです。これは個人差が大きいと思います。
センスのいい子は、たいして教えなくても四則計算が普通に出来たりします。
こういう人は別の悩みがあるかもしれませんが(授業が簡単すぎるとか)、
問題はブンみたいに、計算がなかなか出来ないタイプです。

簡単な1桁の計算(加減)も、う~ん…と考え込まないと出来ないなら、
入学前にちょっと慣らしておいた方が無難です。
つまりまわりの子と同じくらい出来るようにしておくということです。

公立小学校の授業はゆっくりですが、特別ゆっくりとしか出来ない子には早いです。
先生は黒板で説明し、その後各自で練習問題を解きます。
もくもくと取り組む子ども達の机を先生がまわり、
ゆっくりさんには横で教えてくれたりしますが、一定時間を過ぎるとまた授業に戻ります。

この差をなんとか手当てしていないと、算数大嫌いになります。
ブンの同級生で計算ゆっくりさんがいました。小3になった今では、
なんだか本人があきらめているふしもあり、計算をやりたがらないようです。

計算は苦手でも練習さえすれば挽回できるので、あきらめないで努力です。
ここでまあいいかと手を緩めると、失うものは大きいです。


【体験をなるべく心掛けたことについて】

これについては、よかったのではないかと。
学習の種まきになったし、楽しい思い出がたくさん出来ました。

特に季節の行事は、温かい思い出になったこと以外に大事なことがあったかと。
それは親の価値観が「勉強出来ることだけ重視」していると受け取られなかった点です。
(あくまでも個人的感想)

もし親の話すことがいつも勉強に関することばかりだなと子どもが受け取った場合、
親はそんなつもりなくても、子どもがそう受け取ってしまったら、
勉強が苦手な子に優越感を持ってみたり、挨拶など学習以外の部分が手薄だったり…、
そういうことにつながるような気がしています。

季節の行事とかレジャーとか、勉強に関係ない部分にも時間と手間をかけたことが、
結果的に勉強の比重を下げさせて、突出した印象を与えなかったのでは?
そしてそれがバランス感覚を崩さずにおいてくれたのでは?と勝手に思っています。


【英語について】

これについては、まだわかりません。
でも母語に悪影響を及ぼすことのない程度ならゆるく取り組んでおいて、
悪くなかったと思います。

英語に対する抵抗感は低くなるようですし、現在英語学習をしていられるのも、
幼児期から多少馴染んでいたおかげかなと。

ブンの国語読解力が…なのは英語のせいではない気がしますし。
ただ本当にメリット、デメリットを感じるのは中学生以降と思います。

第二言語が第一言語のレベルを超える事は、原則ないので、
母語にしっかり気を配る注意を忘れない様にしたいです。

◎DWEについて

ブンを妊娠中の時から、妊婦向けの雑誌や何かで、すごい広告だったのが、
DWE(ディズニー英語システム)です。

宣伝映像で英語をペラペラしゃべる子どもの姿を見て衝撃を受けたりして。
親の期待や危機感をあおってくる巧みな演出だと思いますね~。

我が家は中古のDWEの一部をネットショップで買いました。
・メインプログラム 2万円
・ビデオセット 1万円
合計3万円の出費です。

これで2歳2カ月から6歳2カ月まで、かなりのさぼり期間を含めつつ、
主にヒアリング教材としてひと通りこなしてみました。

他に英語サークルや児童英検オンラインラーニングも学習しましたが、
ブンの英語学習の土台はDWEのCD掛け流しの効果が大きい気がします。

特に児童英検ゴールドの合格は、DWEのおかげかと。
オンラインラーニングだけでは年長児にゴールドは無理だった気がします。

ちなみにビデオはそう何回も見なかったし、期間も2,3年くらいだったので、
今思えばなくてもいいかな。(正直あんまりおもしろくないので飽きやすい。)
ただCDはお値打ちだったと思います。

ブンが成長するにつれ、ママ友達も増えていき、
DWEのフルセットを正規購入した人を5人知りました。

それで小3の現在、最後まで活用した人は0人でした。
当時でも途中で挫折する人が多いのは有名でしたが、
私の知り合いの狭い範囲では、噂通りという感じになっていました。

もちろんDWEは小学生でも使えますが、小学生になると、
もっと別の方法で勉強出来るので、DWEがなくても正直困りません。
(小学生なら公文でも塾でも市販の問題集でもいろいろありますので。)

ただ本当に映像みたいに流暢に英語が出来るようになる子や、
幼児期のうちに英検3級合格してしまう子もいるようなので、
一概に言えませんけど。(直接知っている人の範囲ではいませんが。)

ブンの世代の時でフルセットは70万円くらいして(ママ友達の話しでは68万円)、
幼児の英語学習にしては、やっぱり高いかな~というのが個人的感想です。


【おもちゃについて】

◎知育玩具以外

女の子でいうと、ままごとや人形遊び等です。
我が家はブンが生まれた嬉しさと、最近のおもちゃの素敵さにハハが魅了され、
むやみに買い集めてしまいましたが、
現在ではほとんど公共施設の子育てサロンに寄付しました。

実際、ブンの興味に合わず、遊ばなかったものも多々。
もし今、おもちゃを選ぶなら、子育てサロンなどに通いながら、
本人の好きなものを見極めて、厳選して買い与えたいと思います。
(費用もかかるし、部屋も狭くなるだけ、使用も数年間だし賢く買いたい。)

◎知育玩具

例えば、公文のジグソーパズル、地図パズル、さんかくタングラム、などです。
今考えても、幼児期の学習は「紙と鉛筆」よりも「頭と手を使うもの」が、
理想的だと思います。

ブンが幼児期に、家庭保育園という教材セットに興味がありました。
本当は、ばらばら買い集めたおもちゃを厳選しておけば、
家庭保育園のフルセットは無理でも、一部は買えたと思います。(おバカ)
ただその家庭保育園も、中には不要なものもあるようです(セット販売なので)。

よそ様の子育てブログで評判の良かった「チューターシステム」を、
欲しいなと思っていましたが買えませんでした。
(家庭保育園の第2教室20万円超えの教材のうちのひとつで、
カラーパターンによって、正解が一目でわかる、ユニークな知育教材)

でも今はこれだけアマゾンで買えるみたいです。当時に知っていたら買っていた気がします。
チューターシステム総合セット(Westermann社/フレーベル館)¥ 13,125 )

手を使うと言っても、最近では当たり前らしい(?)スマホの幼児教育アプリは、
個人的にはゲームと同じと思っています。

そういうのではなくて、つみきとか工作とか、手先の器用さと、
自分で考える作業のあるものがいいと思っています。

◎フラッシュカード、ドッツカード

当時、七田などで取り組んでいると評判のもので(今も?)、
頭が良くなるのではと親心を刺激され、真似事しましたが、
ブンがそっぽを向くので無理でした。

今思えば、そんな不自然な方法をしなくてよかった気がします。
これでいい効果があったと言う人を、自分が知らないだけかもしれませんが。

【外遊びについて】

五感を刺激して発達させるのに、外遊びに勝るものなしと思っています。
絵本や図鑑で蜂の絵を見るだけでなく、実際外に行き、ハチの姿を見て、
羽音を聞く、そしてその時は晴れて暖かだったな…とか本物体験です。

それに外遊びを通じて、対人関係を学ぶのが一人っ子のブンには貴重でした。
子どもの時に限らず、大人になっても心悩ますものは人間関係ですよね。
最近ではソーシャルスキルと言うそうですが「人と上手く関わる方法」です。

幼児同士でもそれはあって、公園でつきそうママ達は、
おしゃべりに花をさかせつつ、横目で子ども達の様子をしっかり見ていました。

叩いたり乱暴すぎることはいけない、悪い事をしたら謝る、
取り合いになったら順番で交代にする、きつい言い方はしないで優しく言う等々。
お友達と上手くいかないと、小学生になってもいろいろつらそうです。
(乱暴すぎる子、汚い言葉を使う子などは、まわりのママ達が我が子と遊ばせたくないと思い、
友達の輪が限られたり、小学校でトラブルメーカーになったりする場合がある。)

幼児期に身体を使っておかないと、小学生になってドンくさくなるかもしれません。
ボール遊びをほとんどしなかったブンは、ドッジボールが下手で、
サッカーも下手で、球技が全般的に苦手です。(それ以外は普通。)

運動はやる気になればいつでも上達できるのかもしれませんが、
身体を動かすのが嫌いだと急に変わるのは少数派みたいです。

【幼児教育のメリット】

◎先行体験、学習の種まき効果

これはその子の性格にもよると思いますが、我が家はこの種まき効果がプラスでした。
小学校入学後、学習意欲を高めてくれたと思います。
(なんだ、こんなの知っているし、と勉強を甘く見るならマイナス)

それに科学や歴史など、まだ習っていない未知の話しでも聞く耳を持っている気がします。
これは子ども達が数人いる時にすごくよく分かります。

ブンより年上の高学年でも、興味のない子はスッと意識が離れて行くのが分かります。
未知の話しが出た時に、ああ興味ないな、早く終わらないかなと思っているのと、
ああそれ聞いたことがある。少しは知っていると意識を集中させるのとでは、
積もり積もればすごい差になるんじゃないかと思います。

◎小学生になってからの学習習慣づけに効果

小学生になってから、家庭学習の習慣をしっかりつけられるなら、
幼児教育はゼロでも全然大丈夫と思います。

だけど実際は入学前に何もしていなくて、小学生になって勉強熱心にしても、
わりと拒絶反応がありそうです。

幼児期にほとんど何もしなかったということは、
学習的な種まきがほとんどない状態で、
小学生になって勉強がはじまると、面倒だと感じてしまうようです。

面倒と感じてしまって始まった学習に、急に取り組み始めても最初はしんどく、
家庭学習の習慣づけは楽ではなさそうです。


幼児期は知的なものを習得するには効率が悪い面がありますし、
だから親が夢中になり過ぎても無駄が多い気がします。

そうかと言って、知的好奇心の喚起をしないのでは、
いざ勉強してもらいたい時に、関心が低い為に効率が悪い事もありえます。

だからあまりがむしゃらにならず、傍目からみて、ほほえましいな~と、
感じる程度の取り組みがいいのじゃないかと今考えれば思います。


以上、まだ子育て途中の小3時点で、感じていることです。
今後、同じ内容に対して評価が変わることも充分ありえますが、
現時点の記録として残してみました。

幼児教育・教育他    Comment(6)   Top↑

2015.02.22 Sun
凧をつくろう
児童館の科学クラブ、全6回の最後は凧をつくろうでした。
物理的分野の意味でしょうか。

15022202

このクラブは小1~小3まででブンは今回でおしまいです。
講師の方から来年度の案内があったそうですが、
内容の見直しがあり、火おこしと縄文クッキー作りとか、
おもしろそうでやってみたいものが増えていたとかで、未練がましそうでした。

15022201

実は小4からのクラブもありますが、
一新された低学年向けの方がおもしろそうだったりして…。

3月に来年度の募集があるので、なにか出来そうなものがあれば、
応募したいと思いました。

理科    Comment(0)   Top↑

2015.02.21 Sat
エコクラブ その5
児童館のエコクラブ、12月は欠席してしまい、1月は古代米を食べよう、
2月は牛乳パックのリサイクル工作でした。

15022101

12月は古代米を刈り取ったあとのわらでお正月飾り作りだったので、
行きたかったのですがブンが風邪っ引きで無理でした。

1月の古代米は皆が植えて刈ったもので、
小豆も入れていないのに、赤飯みたいな色をしていて、
ブンによると味も付いているような気がした?そうです。

色がついているから暗示がかかっただけかもしれませんが。
ただ炊いているときの匂いはもち米に似ていました。

珍しいから写真が欲しいところでしたが、
子ども達だけの教室だし、ブンが撮る訳にもいかないし残念でした。

2月の工作は牛乳パックをつかってケースを作るというものでした。
これで年間11回も開催されたエコクラブが終了しました。
(ブンは2回休んで9回参加でした。)

ブンにとっては習い事ダブルの土曜日だったので、忙しかったと思います。
だけどおかげ様でいろいろ珍しい体験が出来ました。

内容も中学年の社会科に合うものもあり勉強になりました。
いろいろ骨を折って下さった指導員の方々に感謝です。

社会    Comment(0)   Top↑

2015.02.15 Sun
生涯学習フェスティバル
今年も生涯学習フェスティバルというイベントへ参加しました。
堅苦しいネーミングですが、内容は地域産業などの紹介です。
まじめな講演会なども同時に開催されていますが、そちらには寄っていませんもので…。

中学年の社会は身近な暮らしで、自分の市町村について学ぶので、
ブンにはちょうどいい内容なのです。

15021502

まずは人気のだるま絵付け体験。
3年生の社会科見学でだるま工場へ行ったそうですが、
絵付けまではしなかったそうで、絵付けが出来るのはうれしい。
願い事をふたつも書いた特製だるまが出来ました。

15021503

それから去年は中止で出来なかった桐箱ティッシュボックス作りにも参加。
なんだか立派なものですが、5分くらいで出来上がり。

15021504

その後は、適当に参加できるものへGo!
パソコンでお絵描きしたり、

15021505

江戸小物細工でミニチュア作りをしたり。

15021501

最後にスタンプラリーの景品、地元野菜(泥付きねぎ)を頂きました。

15021506

北風が強くて寒い日は、ほんとに出不精な気分になりますし、
ブン父は忙しくて仕事ばかりで、母子では遠くにも行きたくないしで、
こういう地元の催しはお手軽で勉強にもなり、とても有難いです。

社会    Comment(0)   Top↑

2015.02.12 Thu
バレンタイン・チョコ
今年もバレンタインの季節がやってきました。
年中の時からずっと手作りしてきましたが、今年は普通にお店で購入。
展示品を見てかわいいし、これでいいか♪と決めました。

15021205

数は6つで義理チョコばかりです。(袋入りはブン父用)
手作りしなかった理由は、毎年同じパターンだなぁと自分でも飽きてきたのと、
やはり手間暇が材料を買い集める時点からかかること、
それなのに出来上がりは市販品ほどきれいでないことでしょうか…。

15021203

4つは空手道場の男子で、2つはブンの幼馴染みの男子です。
と言ってもどちらもハハ同士の付き合いの意味が多いかな?

何故なら幼馴染みの2人は小学校も一緒で、たまに遊んだりしていますが、
空手道場の4人とブンは、普段ひと言もしゃべったりしていませんから。
でもこれも小学校のうちだけだと思いますし、あと数年ですね。
(中学生のバレンタインに親の出番はどう考えても無用でしょう。

最近のブンは放課後遊べる時は、同級生とゲームです。
そのゲーム仲間の男子が本当は一番交流が多いのですが、
バレンタインというよりは「おやつにチョコをあげるね」
というのりで、普通の市販品をラッピング袋に入れて渡します。

15021201

その方が1カ月後にお返しをした方がいいかな?
などと気を遣わせなくていいかと。

ちなみに本命チョコは、小1、小2と同じ男子にあげましたが、
その子とは小2の時からクラスが違い、
普段一緒に話しもしないし、遊ぶこともないのです。

ブンは今年も本命チョコを渡そうかなといいましたが、
小2、小3と2年間もほとんど交流のない男子に本命チョコなの?
そんなのホントに本命なの?と聞いたところ、それじゃやめると言いました。

本命の後に義理チョコをあげたりしません。
本命チョコはあるか、ないかだけです。
本命が義理に格下げされるより、いっそない方が失礼じゃない気がしまして…。

義理チョコも「義理チョコなんていらない。」とか、
「義理でも何もないよりまし。」とか賛否両論あって、
渡す方もちょっと気を遣う部分もありますね~。

でも仮定の話しとして、これが男女逆で女子が受け取る方だったら、
ブンが義理も何もないより、男子の友達から数個くらいもらえる方がいいなぁ、
なんて考えてしまいます。

友達付き合いできる気のいい異性の仲間がいる方が、
考え方や感じ方の違いを目の当たりにすることもあるだろうし、
人生の幅が広がっていいんじゃないかと思います。
そんなこんなで、今年もいくつかチョコを渡す予定なのでした。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2015.02.08 Sun
中3英語をひとつひとつわかりやすく。(中3英語2回目)
中3英語をひとつひとつわかりやすく。中3英語として2回目終了しました。(2/7)
(途中の復習テスト7回はパス)

15020801

ブンに出来るかな?とちょっと不安に思いながら進めてもらいましたが、
まあまあ出来ていました。

あまりに間違いが少なくて「解答写していないよね?」と、
あやしく思ったこともありますが、本人は写していないと言っています。

1冊で36回なのですが、4回はブンが分かりにくい、やりにくいと、
ぐずぐずこぼしてきたのでパスさせました。

20 「~するために」「~して」<to +動詞の原形>
33 相手の希望をたずねる言い方 would you like~?
35 「~するように伝える」 tell/ask 人 to ~
36 文の中の疑問文 間接疑問

中3英語のワークをみると学研は、
最初は中1、中2の復習、受動態、現在完了形、不定詞、関係代名詞とあって、
巻末は会話表現のようなものになっていました。

それで新興出版社とは内容がずれていて、動画で見たことがない内容に。
あとすごく参考になっていたベーシック英語も中3の範囲は少なかったのです。

中3では中1,2よりも、名詞を修飾した長めの文章を習うので、
やっぱり難しく、無理させなくてもいいかと妥協しました。

だいたい出来ているように見えましたが、(丸付けした時の感触では)
目立って間違えていたのが英訳する時に、過去形にするべきところを、
現在形にしていること。

しかもこれの原因は書いてある日本語文が過去だと気付いていないせいです。
そうじされましたか。とか撮られたのですか。を全部現在形で書いて×です。

過去形だよと教えると書き直せるので、間違えているのは日本語文の読み取りです。
なんだか本末転倒な感じで、もっと注意しておくれよと思いました。

小3の国語力ってこんなものでいいのか?
それともブンがぼんやりしているだけなのか?
違う意味で不安を感じた中3英語2回目でした。

英語    Comment(0)   Top↑

2015.02.07 Sat
学研版毎日のドリル・漢字4年
4年生の漢字ドリル、4冊目を終わりました。(2/7)
だいたい書けるようになってきたかな?

15020701

と言いながら、また間違えたところを抜いてみると42個。
前回より2個増えているし…。

しかも前と同じ間違えが8個も。
民間、
特集、特別、特に (すべてと間違えている
象形文字、
葉脈、
愛読書、
勝敗。

前回、間違えたところだけ、漢字ノートに練習していたのに。
しっかりしましょう。特に(特)はもう覚えて。

間違い42個をまた練習してもらって、漢字4年5冊目に入ってもらいます。
4年生はそれで一応おしまいにして、その次は漢字5年生にしてもらいたいので、
あまり間違えない様に注意してもらいたいところです。

ちなみに漢字3年生の状況は、学研のドリルでは全然練習していませんが、
学校の漢字ドリルとZ会で練習しています。

毎週ある学校の漢字・小テスト(10問)は間違えていないので、
今のところ順調なのではと考えています。

国語    Comment(0)   Top↑

2015.02.07 Sat
ホントにわかる中1からの国語
Z会の国語を解いていて、読解力が全然足りないと分かり、
その対策として取り組んでみた問題集です。(2/5終了)

15013002

読み取りの基礎、説明的文章の基礎、文学的文章の基礎、
古文の基礎、漢文の基礎、詩・短歌・俳句の基礎
で構成されており、ネット上の動画授業が見られます。

◆中学入試国語のつまずきを基礎からしっかり「文章読解」(学研)
◆中学入試 国語文章題のまちがえるところがすっきりわかる(旺文社)
も検討しましたが、本文が難しそう。
中学受験の国語が苦手さん向けの本であっても…です。

それで中学生向けですが、このシリーズはホントに基礎を教える本なので、
中学受験用のものより本文も短くなんとかなりそう。(動画もあるし)
実際終わらせてみた感触は…あまり効果を感じませんでした。

15013003

でもこれは本の問題でなくて、ブンの方にある気が…。
古文漢文のところは動画1回ずつ、それ以外は3回ずつ見て、
そのあとに練習問題を解いてみることを1回。
(古典は最近、高学年ででてくるので、一応視聴。)

15013001

この1冊で68回学習している訳ですが、なんだかね…。
例えばZ会を学習して分からないところが3か所くらい出ていたのが、
1,2か所に減ったような気がする…かな?という微妙なところです。

◆ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕
も持っていますが、これまたブンには難しくてもう既に1回挫折
本文を言いかえたり、要約したりするのは高度な力がないと無理です。

そこでまた考えてみました。
ブンはもっともっと手前の段階が出来ていないのでは?
だから上記のような簡単わかりやすいと書いてある問題集も無理なのでは?
そう思い検討してみたのは、次の本です。

◆小学生のための日本一わかりやすい国語の読解力の授業 まつがく式
◆出口汪の新日本語トレーニング〈1〉基礎国語力編(上)

どちらも文章の主語と述語をみつけるというようなチョー基礎を練習します。
それでより優しいところから学ぶ出口氏の本を選びました。
しばらくこれを進めてみます。

国語は低迷すると上げるのが難しいとよく聞きます。
一方で得意になるとガクンと急落しにくい科目とも聞きます。

国語力がないと、ゆくゆくは数学や理科の文章問題の意味が分からない、
英語の長文も分からないなんてことになりかねません。

親の勝手な希望を言えば、ふくしま式や中学受験の2冊の問題集が解けたり、
Z会国語でいちいち渋面作らなくても解けるようになってほしい。

その為の第1歩になるか?というか、なんとかなって欲しい。
ぜひとも効果が出てもらいたいと願いつつ、次を進めてみることにします。

国語    Comment(0)   Top↑

2015.02.07 Sat
親が勉強しなさいと言ってしまう理由
土曜の朝、ときどきニュース深読みを見ています。
それで先週のは興味深かったです。

テーマは経済書のベストセラー『21世紀の資本』(トマ・ピケティ著)の、
お話だったのですが、格差社会についてです。

著者は「R(資本収益率)>G(経済成長率)」であるとおっしゃっています。
どういうこと?ですよね。

ものすごくざっくばらんに言うと、
“コツコツ働いて給料が1%増えるのに対して、
同じ時間に資産家の財産が5%増えるよ。”ということで、

またふっとばして結論めいたことを言うと、
“格差社会は放置すると拡大するばかりだから、
そこは政治の力で修正していかないとね。”ということらしいです。

政治の力とは政治家のことではなく、平等な社会を作ろうとする、
民衆ひとりひとりの考え方というような意味みたいです。
資本主義社会は、仕組みとして格差の開く社会だからです。

富が一部に集中しても、再分配が適切にされれば、
不平等な社会になりにくいから、それをしっかりやりましょう、
ということを投げかけているそうです。

いろいろなお話しの中で、日本社会の問題として「貧困の連鎖」がありました。
現在「相対的貧困」状態にある子どもの割合は「6人に1人」です。

※国民の平均の所得のその半分以下の所得の人が16%

プレゼンのモデルケースとして親の年収1,000万円の家庭の子と、
親の年収200万円の家庭の子が人生すごろくとして比較されていました。

<親の年収1,000万円の家庭の子>

子供時代:習い事、塾、海外旅行などたくさんの学ぶ機会

学生時代:中学受験、中高一貫校、大学進学

社会人時代:大手企業就職、結婚出産

老後:子供と孫、厚生年金、有料老人ホームに入所可能

<親の年収200万円の家庭の子>

子供時代:学ぶ機会が少ない

学生時代:親の家計を助ける為のバイト、大学進学断念

社会人時代:非正規雇用、経済的理由による独身

(大学を断念すると、非正規雇用にいく率が高いと言われている。
高卒の人で非正規雇用の人がだいたい4割。大卒は2割。
そうするとだいたい年収225万円程度だと言われている。)

老後:国民年金、介護難民になる恐れ

(現在でも特別養護老人ホームの入所希望で待機52万人。)


ちなみにこのモデルケースで子供を持った場合、また年収200万円の家庭で、
同じパターンが連鎖すると想像できます。

これをブンも見ていましたけど、あまりの差に絶句していました。
極端な例を比較しているようですけど、現実にありえます。

世の親が「勉強しなさい」という理由は、子供に貧困になってほしくない。
というのは本音ではないでしょうか?

ブンのまわりでは年収1,000万円~200万円の間の家庭がほとんどです。
「結果の不平等」は個人の努力の差だけでなくて「機会の不平等」が、
もたらしている部分がすごくあると言われていました。
(だから社会が機会の平等を与えなくてはいけない。)

でも中間の年収の家庭では、1,000万円の家庭より機会は減るかもしれないけど、
与えた機会は活かしてほしいと思っていそうですよね。(ハハはそう思います。)

勉強がおもしろくない、どうして勉強しなくちゃならないの?という疑問に、
貧困の連鎖に入って欲しくないからでは、答えになりませんかね?
せっかく与えた機会を甘えや怠けで逃して欲しくないと親は思いますよね。

番組終了後、ブンがぼそっと、世の中お金がすべてだからって分かっている。
というような事を言いびっくりしました。

世の中、学歴やお金がすべてとは限らないけど、お金で解決できることも多いのも事実。
そう知っているのは大事なことかもしれないね。と言っておきました。

ブンが勉強を怠けない方がいい理由を、なんとなく納得できた様子だったので、
たまたま見た番組でしたが、影響を感じた次第でした。

幼児教育・教育他    Comment(0)   Top↑

2015.02.03 Tue
節分祭
今年も節分の季節がやってきました。
今回は平日でブンの授業も6時間目まであるので、
豆まきの時間(4時)には間に合わず、鬼払いも見られません。

だけどお祭のムードだけでも味わえるかと境内に来ました。
割れた豆がたくさん地面に落ちていて、鬼払いの跡が感じられました…。
やっぱり行事に間にあわないと物足りないなぁ。

15020302

でも甘酒を頂いてから、焼き鳥を食べたりし、
あとは屋台に行くしかないかな。

15020303

お小遣いを持ったご近所の小学生たちが楽しそうに買い物しています。
ブンも好きなところを回りましたよ。

15020304

15020305

15020301

あっという間に、全部ぺろり。夕飯はもう食べられないと言います。
まあ、いいですけど、買ってある恵方巻はどうするのですか?

15020306

夕暮れどきの境内の雰囲気を味わえたので、そこで帰りました。
6時半から大人向けの豆まきがありますけど、人が多くて危ないですし、
たくさんある宿題が全部残っているので、帰ってから頑張りましょう。

余談ですが、最近、ブンの先生はたっぷり宿題を出すので30分以上かかります。
でも皆、忘れずにきちんとやってくるのです。
他のクラスは確信犯的に忘れてくる子が出てきたと聞くので偉いと思いました。

おでかけ・散歩    Comment(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。