未分類 | おでかけ・散歩 | 幼児教育・教育他 | 家庭学習 | 国語 | 算数 | 理科 | 社会 | 英語 | 実技4教科 | 数遊び | おもちゃ | つみき | 絵本・読書 | 月のまとめ | 学年のまとめ | 読み書き計算 | ハロウィン | クリスマス | Z会 | 学校生活・生活 | 空手 | そろばん | 
ブログ内検索
学習支援動画(絶対おすすめ)
葉一さんの動画授業
 とある男が授業をしてみた

とある男が授業をしてみた
解説問題印刷もできるサイト完成  19ch.tv【塾チャンネル】

小3~小6 算数
中1~中3 英数国理社
高校数学 Ⅰ・A・Ⅱ
の動画授業を無料で公開。
丁寧で詳しく、広範囲を解説。
予習復習を強力に支援!
ブンも見ています。
出版社の動画授業
動画授業配信サイト
新興出版社啓林館
※教科書を出版している会社。
☆中学範囲(無料) 5教科
 ホントにわかる
☆高校範囲(有料) 数英理
 スマートレクチャー
リクルートの動画授業
☆小4~中3範囲 4,5教科
 2015年開講
 勉強サプリ
☆高1~高3範囲 5教科
 2011年開講
 受験サプリ
リンク
保険見直しにオススメ
終身医療保険に入っていないなら、保険の見直しをオススメします。
 終身医療保険・終身がん保険比較ランキング!
我が家の保険見直しの際、大変参考になりました(^^♪
工作に便利 (無料)
♪ペーパークラフト
 ヤマハ発動機株式会社
♪モーターを使った工作
 マブチモーターKidsサイト
♪無料ぬりえ2~5才向き
(こどもの好きそうなぬりえ多し)
 ぬりえランド
♪無料こどもぬりえ
 ぬりえやさん
♪無料イラスト素材(ぬりえ含)
 子供と動物のイラスト屋さん
♪印刷用イラスト素材
 イラストポップ
♪かわいいイラスト素材
 イラストわんパグ
♪季節や行事のイラスト
 季節や行事のイラスト市場
おりがみくらぶ (無料)
おりがみくらぶ
季節のおりがみがたくさん紹介されています!
おべんきょうに便利 (無料)
♪白地図をプリントアウトできる
 帝国書院
♪100マス計算、九九の歌など
 怪盗ねこぴー
♪ドッツカードのフラッシュ
 ドッツで遊ぼ
♪楽しい石の図鑑
 iStone 石の博物館
♪きれいな写真、花の図鑑
 私の花図鑑
♪季節の花がわかる
 季節の花 300
♪小学生の学習教材
 【ちびむすドリル】
♪幼児教材・知育プリント
 幼児の学習素材館
♪自由研究の参考になる
 学研キッズネット
キッズ@nifty(無料)
キッズ@nifty
無料のプリント(点つなぎ、めいろ、ぬりえ、ひらがな、カタカナ)など。百人一首もプリントできます!
百人一首ガイド
百人一首ガイド
小倉百人一首をイラストと音声とともに紹介しているサイトです。
伝承遊び
あそび教室
だるまさんがころんだなど、楽しい集団遊びが紹介されています。
ボードゲーム紹介
たっくんのボードゲーム日記
主にドイツのボードゲームの紹介が大量にあります。我が家は購入の際に参考にしています。
FC2カウンター
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリスマス関連お役立ち
☆クリスマスポップアップカード
 ペーパーミュージアム
☆クリスマスカード
 プリントアウトファクトリー
☆紙で作るサンタ&トナカイ
 SASATOKU HOME PAGE

      

☆本格的なお菓子の家
 手作りシフォンケーキ

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (北海道から)
 ひろおサンタランド

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (ドイツから)
※ブンはドイツのサンタさんへ手紙を出して返信をもらいました。
 2011年サンタさんの手紙・1
 2011年サンタさんの手紙・2
おうちで幼児教育
≪2018.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018.07≫
プロフィール

bunnhaha

Author:bunnhaha
 ブン(女の子)2歳1カ月からの成長記録です。現在は公立中学校に通っています。
 幼児のうちから家庭学習を心掛けていました。もう幼児ではありませんが、馴染みのあるブログ名は当初のままにしてあります。

カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
いくつになったの
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ開始から
ブンの年齢表
2020年 中学3年生
2019年 中学2年生
2018年 中学1年生
2017年 小学6年生
2016年 小学5年生
2015年 小学4年生
2014年 小学3年生
2013年 小学2年生
2012年 小学1年生
2011年 幼稚園年長
2010年 幼稚園年中
2009年 幼稚園年少
2008年 3歳児
2007年 2歳児
「学校生活・生活 」 の記事一覧
2018.06.18 Mon
中学1年・1学期期末テストの勉強 途中経過
ブン、期末テストに向けて頑張っております。
学校ワークの方は、最初の予定通りに一応進んでいますが、
思ったより手間取っているものがあります。

社会と音楽と保健体育です。
特に副教科は主要教科並みに時間がかかってしまい閉口しました。
(4教科でなく2教科だけなのに。)

【音楽】 勉強の手順

・学校ワークなし。
・Z会教材を使用したところ、馴染みのない内容ばかりで、
 3回繰り返すのに手間取る。
・次に教科書、プリントをコピーし一問一答をノートに作成。
 それらをこれから数日で繰り返す。

まだ本番のテストを迎えていませんが、既に反省点が。
Z会の教材より先に、一問一答ノートを作った方が効率よかった気が。

Z会の教材はいいものですが、教科書やプリントの方が確実にテストに出やすい。
そこを完全に仕上げるのが遅いのでは本末転倒でした。

【保健体育】 勉強の手順

・学校ワークありますが、授業がまだほとんど追いついておらず、
 しかも解答も配られていない。
・これもZ会の教材を使いましたが、馴染みない内容で手間取る。
・同じく一問一答をノートに作成、これから繰り返す。←遅い

保健体育も音楽と同じ反省です。一問一答が先の方がよさそうです。
しかも授業が遅い。

こんな様子でモタモタと効率悪い勉強になりました。
副教科をおろそかに出来ませんが、主要教科並みに時間がかかるのも駄目な気が。

副教科に思いのほか時間を費やしてしまい、
その分、他教科の一問一答が作り切れていません。

せめて社会はと取り組んだのが、世界の気候、雨温図です。
ここは複雑だし、覚えきるのに苦労するところだから要注意です。

社会は「学校ワーク」→「一問一答」→「Z会ワーク」まで来たいところですが、
一問一答が仕上がるかどうか?やはり遅いです。

主要5教科は全部「学校ワーク」→「一問一答」→「Z会ワーク」が理想です。
しかしそこまでこなせていません。

ブンが「お母さんに言われたから。」ではなく、
「これをやる必要があるから。」と自分で考えて、
効率よくスピード感を持って取り組まないと難しいです。

回数を重ねるにつれ、自覚が出てきてくれないかな。
自ら取り組む様にならないと、のちのち伸びずに苦しむことになりそうです。

まずは目先のことを懸命に、なんとかこなしてもらわないと。
大幅に点数を落とさないように願うばかりです。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.06.10 Sun
中学1年・1学期期末テストの勉強
中間が終わって、1ヶ月ほどで期末テストです。(6/21,6/22)
テスト範囲は2週間前に作成させられる計画表に載っています。

そしてまずは何と言っても、学校のワークをしなくてはいけません。
どのくらいの分量か把握がまず第一歩。

英語ワーク:10ページ
数学ワーク:36ページ
国語ワーク:14ページ(×3回=42ページ)
理科ワーク:10ページ(×3回=30ページ)
社会ワーク:9ページ(×3回=27ページ)
音楽ワーク:6ページ(×3回=18ページ)
保健体育ワーク:14ページ(×3回=42ページ)
7教科合計:99ページ(総ページ:205ページ)

漢字ワーク:8ページ=熟語100語

総ページ205のうち、もう既に1回済ませている英数は除くと残りは「159ページ」です。
これを単純に勉強できる日数で割り算。

159÷12=13.25 1日あたり13,14ページ

ブンの学校は部活が停止になるのはテスト直前3日間のみ。
従って部活が土日のうち、どちらか1日に3時間は入ります。
(実績のある部活は土日とも練習するところも…)

その上また直前の土曜日半日に予定があり、(^^ゞ
週末にまとめて勉強しようと思うと、時間不足になる危険があります。

ただ中間と違うのは、もうワークをもらった状態ですし、
予習で先に進めてよい決まりなので、普段からこまめにこなせます。

などと模範的に進めているかといえば、そんなことはなく、
中間が終わったら、すっかり安心して「勉強OFFモード」になるので、
ハハがワークの〇ページまで終わらせると範囲を指定し、
終わらせたかチェックしてやっとの事です。

副教科も入り、3回するともなれば、分量が多いので、
テスト前になって初めてワークに取りかかるのでは、時間的にキツイです。
(ワーク以外にも教材があるし。)

1回目は時間が一番かかります。まだ範囲がはっきりしない時期、
計画表を記入する以前の休日で丸3日かかりました。(5教科約60ページ超)

今回も英語と数学は、まだ簡単な内容なので、1回で済ませ、
間違えたところのみ繰り返します。まとめますと…。


【英語】
・ワーク1回、間違えたところ繰り返す。
・教科書を「音読→和訳→英訳→音読」3回繰り返す。

【数学】
・ワーク1回、間違えたところ繰り返す。(教科書レベル)
・応用問題はZ会と体系数学で学習。(教科書よりも難問)

【国語】【理科】【社会】
・ワーク3回、その都度、間違えたところ繰り返す。
(記述はキーワードを漏れなく入れるように意識して、ほぼ暗記できるように。)

【音楽】
・音楽は学校ワークなし。
 仕方がないのでZ会の教材使用。

【保健体育】
・学校ワークはあるものの、そもそも授業があるのがテスト1週間前から。
 これもZ会の教材を併用。

各教科、一問一答を自分でノートに作った方がいいみたいですが、
まだ取り組めていません。
まずはワークをきちんと3回繰り返して、それから作れるかどうかです。

以上をしっかりやり切って、どのくらい期末テストに通用するか?
あと、家庭学習の先取りもなるべく休まないように頑張ってほしいです。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.05.28 Mon
中学1年・1学期中間テストの状況
1学期の中間テストがあったのが5/16水曜、翌日に3教科返却され、
5教科目が返ったのが翌週火曜、順位が出たのが5/28でした。

学年の平均点です。(学年約270人)
英語:85.7
数学:72.5
国語:65.2
理科:70.5
社会:83.3
5教科:377.2

・英語:90点以上が130人超
・社会:90点以上が110人超
・5教科:440点以上が50人超、380~439点が90人超
 つまり学年の半分以上が380点以上。

1年生の中間は、すごく簡単というのは、度々聞いていました。
それでも実物を見るまで、どんな感じか分かりませんでした。

以下はハハがテスト問題を見た時の勝手な感想です。
簡単だった:英語、社会
まあ普通かな:数学
あんまりオマケされていない:国語、理科

とにかく5教科ともテスト範囲が狭いという事があります。
授業がまともに始まったのが5月からでした。

英語はローマ字で自分の名前を書く問題なども含め、易しい内容でした。
社会は正しい語句を「書きなさい」でなく「選びなさい」で、
すべての答えが紙面にある為、うろ覚えでも答えられる内容。
(社会はブンのクラスだけで3人も満点でした。)

数学は問題の出し方は、社会のようなオマケ感はなく、問い方は普通な感じが。
しかし範囲が小6の復習と、正負の数の計算だから、簡単です。

国語はワークを解いていれば難しくありませんが、
テスト問題がB4サイズ4面に、びっしり書いてあり、
今まで小学校のテストしか知らない大部分の子は面食らったことでしょう。

理科がオマケが少なくて、語句を「書きなさい」ばかりで50問。
分量も子供達には多く感じたと思いますし、ワークをしっかりしていないと、
書けないところも多かったと思います。

よく公立中学校の定期テストは「ワークを3回すれば8割とれる。」と聞きますが、
その通りだよね~~と思えた内容でした。

難問はありませんが、やはりワークをしっかりしていないと、
ある程度のいい点をとるのは難しそうです。

「授業をしっかり聞きなさい。そしてワークにもきちんと取り組みなさい。」
テストを見ていると、先生方からのメッセージが伝わります。

「難しいことはしなくても、基本をきちんと怠けずに勉強しなさい。
教科書レベルを理解できるように、各々頑張りなさい。」
という事ですね。

ブンは国語、理科、社会と暗記型の教科はワークを3回解き、
もちろん間違えたところは解き直しておりました。

テスト当日にワークの提出があったのは数学のみ。
暗記型の3教科は絶対にワークをしていないと不利なのに、
結構手つかずでテストを受けている人も多かったらしいです。(ブン談)

ちなみにブンは簡単な英語、社会も満点を逃し、
「100点が寄り付かない。」などとうそぶき、本当に満点は1教科もなし。
5教科:487点 学年順位:2位でした。

ところで、ハハがこれまでに見聞きした定期テストにまつわる話しです。
・難関校を目指す人は常に「5教科430点」以上とる。
・評定「5」がつくのは90点以上ないと駄目。

・中1の1学期期末から平均点が下がり始める。
・中1の2学期中間から平均点が40点台に突入する教科が出始める。

・中1の2学期の先頭集団10名程が、ほぼあまり入れ替わることなく、
 受験まで先頭を走り続ける。

つまりTOP10は固定メンバーになりやすい。
強固で簡単には落ちてこない。ということですね。

この話しは、個人的にちょっと納得できる部分があります。
上の学年でいつも最高11位、頑張っているのに、どうしても、
10位以内の壁が超えられないケースを聞いていたからです。

これらの話しが本当にブンの学年でも起きるのか?
分かりませんが、目先のひとつひとつを倦まず弛まず努力して、
積み上げていくしかありません。

1ヶ月もしないうちに期末テストです。
ワークをするのはもちろん、中間では教科書の語句暗記とか、
気を付けていなかったところがありました。

ブンには注意しましたが、きちんとやってくれるかな?
油断せずに取り組まないと、がくんと下がりそうです。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.05.20 Sun
小学校の運動会
ブンが卒業した小学校の運動会が、中学の体育祭の1週間前にあります。
そこに中1になった卒業生が先生に会いに行くというのが、
流行っている(?)みたいです。

ブンはそこに行きたかったみたいですが、女子の友達が少なく、
事前に念入りに計画する企画力もなく、
いつものゲーム仲間が遊びに来てくれたら、
一緒に行かないか聞いてみようと、行き当たりばったりな態度。

ところが頼みのゲーマー友達が、ひとりは部活、残りの二人が、
遊べそうなら行くけど、はっきり分からないという返答。

ぼっちなブンは、自分の友好関係の偏りぶりや、
企画力のなさを内省したかどうかは知りませんが、
ぽつねんとしておりました。

そこにピンポーンと玄関チャイムが鳴り、モニターにゲーマー友達の姿が!
それにブンが運動会に一緒に行きたいと言うと、
親切にも一緒に出掛けてくれました。

二人のうちひとりは、午前中に行ってきたのに、また行ってくれました。
少しだけ覗いて帰ると言っていましたが、3時間くらい帰りませんでした。

何でも、私立や他の公立中学に行った子も来ており、
先生も運動会がひと段落して、児童が下校してから、出てきてくれたりで、
懐かしく、いろいろおしゃべりにすごく盛り上がったそうです。

ブンはスマホを持っていき、卒業式の時に交換できなかった連絡先を、
たくさん登録してきたそうです。

小学校の再会が解散してから、またゲーマー友達と戻り、
追加で合流したこれまたゲーマー友達と、計5人で遊びました。

昼過ぎには、ぽつねんとしていましたが、
幸い夕方には、嬉しそうにニコニコでした。
ハハは脇で見ているだけでしたが、ブンが嬉しそうなのが嬉しかったです。

それにしてもスマホを持たせるかすごく悩みましたが、
スマホなしの子が、数えるくらいの少数派なことに驚きました。

宿題の範囲を教えてとか、もう日常に溶け込んでいる状態です。
学校に持ち込んでいないのにもかかわらずです。

あとラインのタイムラインをお互いチェックしていいね!を送り合う、
トークよりそちらの方が、頻度が高いみたいです。

それからハハの知る中学生(中2以上)は、友達同士で出掛ける人ばかりで、
ショッピングやプリクラ、映画に食事など、
お小遣いが足りない金欠状態をよく聞いていました。

その為、ブンやゲーマー友達も、中学生になったらそうなるのかなと思っていました。
今のところ、そんな事はなく、お小遣いも使いません。
まだ5月なので、これからそうなるかもしれませんが。

先輩ママさんによると、自分からバンバン企画する子でない場合、
・バンバン企画する子(←だいたい女子)のグループ内だと、よく出掛ける。
・グループ外だと、あまり出掛けず、小学生の時とそう変わらない外出頻度。

つまりお友達の影響が大きい。お友達次第。だそうで、
個人差が大きいだそうです。

そう言われれば、大人でも外出頻度の差は、個人の好みで、いろいろありますから、
中学生になったからと、飛び回ると限らないのは当然ですよね。
なにか変に思い込みがあったなと自分で気付いたこの頃でした。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.05.11 Fri
はじめての中間テスト勉強
中学生になって、早くも1ヶ月が過ぎました。
そして中間テストが5月16日にあります。

学校では2週間前の前日に「学習計画表」が配られ、
記入するところまで授業でしてくれたそうです。
「明日から2週間、しっかり勉強するように!」という事ですね。

ブンは計画表を記入してすぐは、のんびりした顔でしたが、
勉強を始めると、結構早いペースで、ボリュームも少なくないと気付き、
これまでに比べると危機感を持って、勉強をし始めています。
(それでも落書きとかは多いですが…)

ただ我が家の遊びのスケジュールの悪影響も大きいです。
テスト前の貴重な週末2週分に予定をいれてしまっていたのです。
(予定を組んだのは小学生の時だったので…)

5月第1週にはGWで旅行。第2週は従姉が泊まりで遊びに来てコンサートへ。
土日あわせて4日間を勉強しないというとんでもない事に。

それで事前に早いペースで分量も多くこなさなくてはいけなくなりました。
中1のはじめての中間だから、なんとかなりそうですが、
週末2週分使えないというのは、今後絶対やめたほうがいいです。
(-_-;)ワレナガラバカトシカイイヨウガナイ


テスト範囲は教科書、ワーク、プリント、社会の資料集などですが、
まずは提出もある「ワーク」を重点的に取り組みます。

英語ワーク:12ページ
数学ワーク:14ページ
国語ワーク:21ページ(×3回=63ページ)
理科ワーク:6ページ(×3回=18ページ)
社会ワーク:12ページ(×3回=36ページ)
5教科合計:65ページ(総ページ:143ページ)

漢字ワーク:8ページ=熟語100語

計画表が配られる前までは、授業も始まったばかりで、
どちらかと言えば“部活選び”に重点が置かれていたし、
ワークは学校に置いて帰っていいので、ろくに記入もせず。

ブンにワークを持って帰りなさいと促して、5月1日からスタート。
それでワークを出来る日数は授業部活ある日も含めて“9日”きり。
(直前の2日は含めない)

143ページ÷9= 一日約16ページ
プラス 熟語100語 テスト前までに完成 というペースです。

しかもこれは例外的に「英語」「数学」を反復しないパターンです。
英語はごくごく初歩、数学も6年の復習+正負の数(計算式)という、
反復なしでも解けるだろうという予測が出来た為、ワーク1回きりで終了です。

ゆるい運動部ですが、部活から帰ると5~6時。そこから勉強スタートです。
(あまり疲れていないので、幸いです。厳しい部活だと大変だと思います。)

正直、家庭学習まで出来ない日もあり、出来ても英語、数学だけやっと。
期間中、先取り&反復がストップしないよう頑張ってもらいたいのですが…。
(上位校が望むのは定期テストと受験に備える勉強を両立出来る人材だそう。)

今回、英語と数学を手抜きできるのも、先取り&反復のおかげだから、
学力貯金を使い果たさないでいいように、発奮してほしい。


中学校では小学校と違い、先生も定期テスト勉強をしているか?と、
各教科の先生、すべてが言い、勉強を促すそうです。

生徒達も、それぞれいい点を取ろうと、頑張っている雰囲気です。
通塾の子達は、当然、気合を入れられているでしょうし。

全体がいい雰囲気で、やる気を出して勉強してくれるとすごくいいです。
ブンの中間結果がどうなるか、不安がありますが、
たいして日数ないので、とにかく頑張ってもらいたいです。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.04.29 Sun
中学校生活はじまりました
4月9日に入学式があり、中学校生活がはじまりました。
小学校と比べて、学年の人数が3倍以上の大人数になりました。

給食は3日目からはじまり、オリエンテーションが続いたようです。
校則や委員、教科係など生活のこと、学習、そして部活に関することなどです。


部活は「見学2日」「仮入部4日」が4月の間に設けられ、
4月の最終金曜日に本入部手続きとなりました。

ブンは卓球部、テニス部、美術部の3つに見学&仮入部し、
最終的に卓球部に入部しました。

ブンの中学校は割と実績の良い部活が多く、県大会、関東大会くらいは、
珍しくなく、全国大会に出場できる部活もあります。

その為、強い部活に入りたい学区外からの入学希望者が多い学校なのです。
ただ人数制限が市内の中学で一律な為、抽選で外れる人も多いそうです。

その様な人気な部活の中学ですが、ブンは“ガツガツ練習したくない派”です。
しかし体力向上もしてもらいたい為“ぬるい運動部”が希望でした。

そして珍しく実績のぱっとしない唯一の運動部が卓球だったのです。
先輩との上下関係も厳しくなく、お盆、年末年始に休みがあり、
朝練なし、土日どちらか1日休みだったのが、
スポーツ庁のガイドラインのおかげで、平日もさらに1日休みです。

休日の練習時間は3時間。平日の練習は下校時刻の15分前までと程ほどです。
強い部活は下校時間後に、別の場所に集まり(近くの小学校の体育館など)、
夜間練習が19~21時くらいまであったりするのに、それも当然なし。

それに家庭の事情で休みが欲しい時も、きちんと連絡すればOKで、
ブンが仮入部中にも、部長が塾の時間だとかで、早退していたそうです。

ただ練習場所が限られ、体育館は他の部活とローテーションで制限あり、
廊下で練習するのも多く、卓球台が男子と共用で、数も少なく、
1年生の特に1学期は、ランニングと基礎体力作りばかりみたいです。

ブンはレギュラーで試合にバンバン出たいとか全然思っていませんから、
基礎体力作りが出来れば、無念の空手の基礎体力作りも兼ねられてラッキーです。

強い部活でガンガン練習して、試合で勝ちまくりたい人が入る部活以外に、
こういう程ほど部活もあって幸いでした。

顧問は今年度変わったそうですが、ご本人の経歴はずっと吹奏楽部で、
卓球については初心者だそうです。

顧問自身が幼少から打ち込んだスポーツの顧問になると、
練習熱心で、勝ちにこだわり、部員に高いレベルを求める場合もあるそうですが、
そういうのとは無縁そうです。

熱い部活とぬるい部活、選択できるのはありがたいです。
あとブンの中学は、部活必須でなく、帰宅部も2,3年生で80人くらいいます。

本格的な部活のスタートはGW明けからですが、今のところ、
へとへとになる事もなく、余力を残せそうな見込みです。


次に学習についてです。
授業はずっとゆっくりで、教科ごとのオリエンテーションが続き、
教科書がすべて配られるまでに1週間以上かけていました。

そんな調子なので、教科書を使って授業がはじまったのが、
4月23日以降というくらいのペースです。

宿題がはじまったのが4月20日からです。
自主学習を1日ノート1ページなんですが、まだろくに授業を受けていない為、
復習もできず、小6の復習をしたくらいでした。

ワークは期限を切って提出があると、先輩ママさんから聞いていますが、
まだ具体的に指示されていません。

そんなゆっくりスタートなんですが、中間テストが5月16日にあり、
GWも挟むし、3週間もないくらいの授業から何がテストされるのかなと疑問です。

小学校の範囲も出るなら都道府県と県庁所在地とか、算数の割合とか、
かえってうろ覚えのところがテストされて危険かもしれません。

ブンの地域の公立高校入試は内申点の割合が、総合点の4割もあります。
その為、1年生の最初から内申点を意識して、注意しなくてはいけません。

毎日出される宿題、自主学習1ページは、先輩ママによると、
2年は2ページ、3年は3ページと段階的に増えるそうです。

1年1ページでも、毎日なので週末は金土日と3ページにもなります。
かといって先取りの部分を出せないので、家庭学習と別にしなくてはいけません。

そこで意外と役立つのがZ会の副教材、定期テスト攻略ワークです。
模試的に作られており、知識の確認をするのに便利です。

これが実力で解けるかチェックして、間違えたところを反復。
そういうテストまでに大事な作業と、宿題が兼ねられてお得です。

それから、塾についてですが、ブンのクラスで副担任が質問し、
「塾に通っている人?」と挙手させたところ35人中3人だけだったそうです。


あとスマホについてです。
ブンにも格安スマホを与えました。扱いはゲーム機と同等。

やるべきことをやってからでないと使えないルールで、
守れないなら、ゲーム機スマホ丸ごと2週間没収の罰則ありです。

それからラインのお友達登録も、
リアルで十分コミュニケーションを取れている人が大前提。

特にグループ登録は既読スルーを許容してもらえる間柄が原則。
「〇〇中 1年」とか「〇〇小 6年」あと「〇組」とか、
大きすぎるグループには登録しない約束です。

今のところブンと一緒にラインを見て、
こんなスタンプ送ってきたとか笑って見ています。
最初が肝心と、実は目を光らせています。

趣味が偏っていて、人との交流に努力する気が希薄なブン。
クラスや部活の人間関係を大事にしてもらいたいと思います。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.03.26 Mon
子育ての第一段階終了
最近、もうすっかり反抗期に突入しているブン。
ハハとのお出掛けも渋々だったりします。

先日、小学校を卒業し、
ついに子育て第一段階を終わったなと噛み締めています。

ハハの内心では、幼児期と小学生のうちが子育て第一段階、
中学生、高校生が子育て第二段階。大学生以降は大人と区別しています。

でも子育て第一段階が黄金期なんでしょうねと思います。
当時は夢中で余裕もなく、ただただ一生懸命なだけでしたが、
親子の蜜月期というか、いつも一緒で幸せでした。

いつか親離れの時が来ると承知していましたので、
一緒のひと時を惜しむ様に、いつも大事にしてきたと思います。

大事にしてきたひと時ひと時が、ひとつずつ過ぎて、
小学校卒業を迎え、第一段階も終了するところまで来ました。

今後は、ブンの成長に合わせて、子離れしていかなくては。
承知しているけど、淋しかったりします。でも我慢。

いつまでも親子でぺったりくっついていると、
我が子の望ましい成長を妨げる可能性が高いですから。

子育て第二段階も、親の出番はもちろんあるし、
場合によれば、第一段階より重要度が高いこともあるでしょう。
そのあたりしっかり自覚して、きちんとフォローアップしたいと思います。

ただ第一段階を振り返ると、楽しく幸せな思い出いっぱいです。
ハハにこれ程の幸せな思いをくれたブンとブン父に感謝です。

18032501
オサナクテカワイカッタブン…

ブンは、これから中学生。難しいお年頃を迎えます。
付かず離れず適切な距離感で、一人前の社会人になれるように、
でもまだまだ口は出すでしょうし、見守り続けて行きたいです。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.03.23 Fri
小学校卒業しました
ブンもついに小学校卒業しました。
ハハは喜ばしいけど、淋しくもあり。

卒業生、在校生(4,5年生)も相当練習したそうで、
所作も合唱もまとまりがあり、いい出来栄えでした。

式は厳かに進み、たくさんの祝辞を受け、
地域の大勢に支えられながら、ここまで来たんだと改めて感じました。

卒業生、在校生の合唱の際は保護者席のあちこちで、
鼻をすするのが分かり、皆さま涙腺を緩ませていました。

式自体は滞りなく終了し、教室で最後の学活の会があり、
在校生の拍手を受けながら校舎を退出したのち、再び体育館で集合写真撮影です。

これらがすべて終わると解散です。
後は各々で、写真を撮ったり、卒業アルバムの余白にメッセージを書き合ったり。

このひと時は最後の名残を惜しむ時間で、
それこそ普段の友人関係が分かってしまう時間でもありました。

ブンも担任の先生や、これまでお世話になった先生と写真を撮りました。
しかし他の女子達が群れて、先生のところに訪れたり、
友達同士で写真を撮ったり、メッセージを書き合ったりしているのに、
ブンは混じろうとしません。

「誘われたら行くけど。」などと言います。
お高くとまっていないで、行きたいなら自分から行けば?と言うと、
「別に行きたくない。」ですと。

負け惜しみでもなく、結構本音でそう思っているふうなので、
それ以上は黙って見ていました。

そうすると幼馴染みの女子から写真に誘って貰えました。
ブンもニコリとして写っていました。

18032302

ハハもハハ同士で話したりするうちに時間が経ち、場はますます和んで行き、
最後のクラスの撮影が終わると、全員好き好きに動けるので、
ますます盛り上がって来ました。

そうするとブンのまわりにも、ゲーマー友達の輪が出来て、
写真撮影やらメッセージやら、盛んにしていました。
(なんか男子ばかりですけど…ゲーム5時間続けて遊べる女子はいないので。)

18032301

18032303

女子の群れには入らないのか?入れてもらえないのか?混ざらないブンですが、
馴染みのメンバーだと、リラックスした明るい表情でした。

(闊達なスポーツ好きの男子グループにももちろん混ざれない。
インドア派の穏やか男子と趣味が合うみたいです。)

校門でまたひとしきり写真を撮り、いつものメンバーで帰りました。
この後、昼食後にまた集まり、子供だけで「カラオケ大会」の予定です。

ブンはゲーマー友達に誘って貰っていたので、
すごく楽しみにしており、お小遣いを持って出かけました。

3時間も歌ったそうで、帰ってきてからは、
従兄の大学進学とブンの卒業祝いで、祖父母と一緒に夕食会でした。
ブンにとって、とても有意義な日になったようでした。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.03.12 Mon
図書ボランティアも終了
ブンもあと2週間ほどで小学校卒業です。
あまり実感ないですけどね。

それで小1の時から、保護者ボランティアで続けてきた、
図書貸出しも終了になりました。

小5まで専業主婦だったし、学校に週1で行くから、
ブンの様子も分かりやすいかもと思い、続けてきました。

しかしブンは読書習慣のないゲーマーなので、
低学年の時は、ちょこちょこハハがいる時に図書室に来てくれましたが、
中学年になると「イリオモテヤマネコ」状態になり(滅多に見ない)、
高学年になると「ニホンオオカミ」状態になりました(全く見ない)。

図書室にいても我が子を見ないのが普通でしたが、
それでも卒業まではと継続しました。(職業訓練の半年は休止)

ハハの当番の曜日は5名で、そのうち3名が6年生の母なので、同時に終了です。
週1だったけど、6年間も続けたな~と自分で労いたく思いました。

学校の方で年度末に感謝の会がありますが、過去1度も出たことがなく、
全校集会の児童たちの前に出るのもプレッシャーかなと最後も辞退。

それで自分で勝手に感謝の会ということで、
他のママさん全員に「お菓子」と6年生ママさんに「お花」もプラスして準備。

18031201

最後の図書ボランティアの日に渡しました。
ハハにもお菓子をくれる人がいて、お互いに労い合いました。

特に6年生ママさんは、お花が嬉しかったみたいで、喜んでくれました。
やっぱり卒業の際は「お花」ですよね。

贈ったお花は、当日、早い時間から開店しているスーパーで買いました。
同じものが3つ欲しかったけど、かわいいピンクの花が2つしかなく、
自分のものは後回しにしました。

午後になり、やっぱり自分の花も欲しいと思い、
近所のお花屋さんをのぞくと、小さい花束があり、
それに小ぶりのバラも足して買いました。

18031202

それとフィギュアの雑誌も買いました。
平昌オリンピック、とても感動したもので。

自分で労うなんて、バレンタインで自分用のチョコを買うのに似ているな…
と感じましたが、6年間一応努力した自分へのご褒美でした。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑

2018.02.25 Sun
学校の英語の授業
ブンの学年では、小5から外国語活動が週1回あり、
教材は「hi,friends!」です。(5年は1で、6年は2)

ブンが言うには、5年の時はすごく退屈だったそうで、
英会話教室なら幼児クラス?というくらいの内容。

主に名詞で、色とかそんな感じ。
英会話を習っていない子でも退屈だったかもしれません。

6年になってようやく動詞が出てきた感じで、
今習っているのがLesson7 オリジナルの物語を作ろうです。

ここまで来て、やっと少し面白さが出てきたそうです。
テキストは「桃太郎」で I'm strong! とか簡単なセリフがあります。

18022502

これを例にして自分たちで物語のセリフを英訳し、寸劇で発表するそうです。
ブンのクラスは4つに分かれ、各班ごとに物語を選びます。

18022501

ブンの4班は「浦島太郎」隣の3班は「赤ずきん」で2班と1班は何か他の物語です。
ここで班の中に英語が少しは出来る子がいないと困ることになったそうです。

4班はブン、3班はブンと同じ英会話教室で準2級一次試験を合格している子、
2班と1班は公文に通うなどして英語を習っているものの英訳が苦手な子。

それで2班と1班は作業に苦労したし、進みも遅かったそうです。
ブンは自分が英語を勉強していて良かったと初めて実感できたそうです。

それからブンの小学校のALT(外国語指導助手)は、イギリス人の男性で、
結構イケメンなんだそうですが、日本語がほとんど話せず、片言程度。

先日の授業で4班で病欠が2名出て、人数が少ない為、
物語を選んだりする話し合いにALTが混ざってくれたそうです。

しかし本当に片言しか日本語が話せない為、英語だったそう。
英会話を習っていない同級生の為に、なんとなく会話を訳してあげたそうです。

ブンは「訳してあげなくても、分かっていたかもしれないけど…」
と言っていましたが、皆の役に立てたかもしれず嬉しかったようで、
また英語を習っていて良かったと思ったそうです。

ブンが英語を勉強していて良かったと思う場面は、日常生活でほぼないので、
いい機会を得てラッキーでした。またこれを励みに頑張ってくれるといいです。

学校生活・生活    Comment(0)   Top↑