未分類 | おでかけ・散歩 | 幼児教育・教育他 | 家庭学習 | 国語 | 算数 | 理科 | 社会 | 英語 | 実技4教科 | 数遊び | おもちゃ | つみき | 絵本・読書 | 月のまとめ | 学年のまとめ | 読み書き計算 | ハロウィン | クリスマス | Z会 | 学校生活・生活 | 空手 | そろばん | 
ブログ内検索
学習支援動画(絶対おすすめ)
葉一さんの動画授業
 とある男が授業をしてみた

とある男が授業をしてみた
解説問題印刷もできるサイト完成  19ch.tv【塾チャンネル】

小3~小6 算数
中1~中3 英数国理社
高校数学 Ⅰ・A・Ⅱ
の動画授業を無料で公開。
丁寧で詳しく、広範囲を解説。
予習復習を強力に支援!
ブンも見ています。
大学受験支援サイト
 manavee(マナビ―)
大学生が先生の動画授業。
予習復習、センター、二次試験対策など。高校範囲。
出版社の動画授業
動画授業配信サイト
新興出版社啓林館
※教科書を出版している会社。
☆中学範囲(無料) 5教科
 ホントにわかる
☆高校範囲(有料) 数英理
 スマートレクチャー
リクルートの動画授業
☆小4~中3範囲 4,5教科
 2015年開講
 勉強サプリ
☆高1~高3範囲 5教科
 2011年開講
 受験サプリ
リンク
保険見直しにオススメ
終身医療保険に入っていないなら、保険の見直しをオススメします。
 終身医療保険・終身がん保険比較ランキング!
我が家の保険見直しの際、大変参考になりました(^^♪
工作に便利 (無料)
♪ペーパークラフト
 ヤマハ発動機株式会社
♪モーターを使った工作
 マブチモーターKidsサイト
♪無料ぬりえ2~5才向き
(こどもの好きそうなぬりえ多し)
 ぬりえランド
♪無料こどもぬりえ
 ぬりえやさん
♪無料イラスト素材(ぬりえ含)
 子供と動物のイラスト屋さん
♪印刷用イラスト素材
 イラストポップ
♪かわいいイラスト素材
 イラストわんパグ
♪季節や行事のイラスト
 季節や行事のイラスト市場
おりがみくらぶ (無料)
おりがみくらぶ
季節のおりがみがたくさん紹介されています!
おべんきょうに便利 (無料)
♪白地図をプリントアウトできる
 帝国書院
♪100マス計算、九九の歌など
 怪盗ねこぴー
♪ドッツカードのフラッシュ
 ドッツで遊ぼ
♪楽しい石の図鑑
 iStone 石の博物館
♪きれいな写真、花の図鑑
 私の花図鑑
♪季節の花がわかる
 季節の花 300
♪小学生の学習教材
 【ちびむすドリル】
♪幼児教材・知育プリント
 幼児の学習素材館
♪自由研究の参考になる
 学研キッズネット
キッズ@nifty(無料)
キッズ@nifty
無料のプリント(点つなぎ、めいろ、ぬりえ、ひらがな、カタカナ)など。百人一首もプリントできます!
百人一首ガイド
百人一首ガイド
小倉百人一首をイラストと音声とともに紹介しているサイトです。
伝承遊び
あそび教室
だるまさんがころんだなど、楽しい集団遊びが紹介されています。
ボードゲーム紹介
たっくんのボードゲーム日記
主にドイツのボードゲームの紹介が大量にあります。我が家は購入の際に参考にしています。
FC2カウンター
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリスマス関連お役立ち
☆クリスマスポップアップカード
 ペーパーミュージアム
☆クリスマスカード
 プリントアウトファクトリー
☆紙で作るサンタ&トナカイ
 SASATOKU HOME PAGE

      

☆本格的なお菓子の家
 手作りシフォンケーキ

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (北海道から)
 ひろおサンタランド

      

☆サンタさんから手紙がくる
  (ドイツから)
※ブンはドイツのサンタさんへ手紙を出して返信をもらいました。
 2011年サンタさんの手紙・1
 2011年サンタさんの手紙・2
おうちで幼児教育
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

bunnhaha

Author:bunnhaha
 ブン(女の子)2歳1カ月からの成長記録です。現在は公立小学校に通っています。
 幼児のうちから家庭学習を心掛けていました。もう幼児ではありませんが、馴染みのあるブログ名は当初のままにしてあります。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
いくつになったの
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ開始から
ブンの年齢表
2017年 小学6年生
2016年 小学5年生
2015年 小学4年生
2014年 小学3年生
2013年 小学2年生
2012年 小学1年生
2011年 幼稚園年長
2010年 幼稚園年中
2009年 幼稚園年少
2008年 3歳児
2007年 2歳児
「絵本・読書 」 の記事一覧
2016.05.30 Mon
はだしのゲン1~4巻
ブンが高学年になったら、いつか買ってあげようと思っていた漫画です。
昔、ハハも小学生の頃、図書館にあった「はだしのゲン」を読んで、
原爆の恐ろしさを感じさせられた思い出があります。

16052906

ハハが生まれたのは昭和40年代、小学生の頃には、
終戦から30年以上たっていましたが、それでもまだ戦争の記憶は、
今より周りに残っていた気がします。

学校の先生の中には空襲で逃げ惑った経験や、
学徒動員で同級生が大けがをしたこと、
闇市で団子を売った話しなどしてくれた人もいました。

あとお友達のお婆ちゃんから、戦時中はかぼちゃのつるばかり、
雑炊で食べていたから、未だにかぼちゃが嫌いで食べないとか、
実体験を本人から聞く機会があったりしました。

平成生まれのブンは、祖父母も戦中生まれで、当時は赤ちゃん、
実体験を本人から聞く機会はかなり稀です。

だからよけいに「はだしのゲン」はいつか買っておきたいと思っていました。
「はだしのゲン」は全10巻、汐文社の本でした。(他にも集英社など)

ハハは何巻まで読んだか記憶が曖昧なのですが、
途中で何だか難しく感じたのを覚えており、
一度に10巻そろえなくてもいいかと思い、調べてみました。

10巻ある漫画は、4つの書籍で掲載されたようです。
・週刊少年ジャンプ(1973年25号~1974年39号)
・市民
・文化評論(日本共産党系の論壇誌)
・教育評論(日教組の機関紙)(1985年連載終了)

話しの区切りとしては、
1~4巻 ゲンの妹が死ぬまでの話し
5~7巻 ゲンの母が死ぬまでの話し
8~10巻 ゲンが中学生以降の話し

それで「週刊少年ジャンプ」で掲載された4巻までにしました。
1巻の終わりに原爆が炸裂し、2巻でその惨状が描かれます。

それはショッキングですが、戦争の怖さを教えてくれます。
戦争は絶対いやだと子ども心に思った事を覚えています。

それに戦中、戦後の日本の社会の暗い面も教えてくれます。
・戦争反対と意思表示した人がどんな目にあったか。
・在日朝鮮人がどれほど差別されたか。
・被爆者が労わられるどころか、どんなに差別されたか。
・戦災孤児がどれほど惨めであったか…などもっと他にもあります。

そういう過去の事実を、ゲンを通じて追体験できるので、
何かしら感じて、考えることがあるだろうと思うのです。

つい最近、オバマ大統領が広島訪問をしました。
ニュースで聞いただけでは、その重みがわかりません。
せめて「はだしのゲン」を読んでいれば、その重みが想像できると思うのです。

家族と一緒に平和に暮らして、毎日ご飯を食べられる、
学校へいけば先生がいて、友達がいて学んだり遊んだり。
そんなの当たり前と思わずに、少し考えてもらえるといいなと思います。

絵本・読書    Comment(0)   Top↑

2016.05.20 Fri
作り置きおかずの本
先日、書店に行くと料理本コーナーに“作り置き”のレシピ本がズラリ。
どうやら流行っているのかな?

流行に無頓着なハハですが、何気なく立ち読みしてみると、
もしかして探していたのはこれかも?!と購入してしまいました。

16052002

「かんたん!ラクチン! 作りおきの野菜おかず 205」
食のスタジオ ¥1,296 西東社

「ラクする作り置き」
スガ ¥1,404 セブン&アイ出版

→こちらは大人気ブロガーの本だそうです。
週末の作り置きレシピ by スガ http://mayukitchen.com/

ちょっと衝動買い…。わりといいお値段。
だけどいいんです。たまには。
お母さんの欲しいものを買っても罰が当たらないでしょう。
(だって普段はブンのものばかりですから

我が家の料理はワンパターン。好き嫌いが多い家族です。
それに一汁二菜(主菜1品、副菜1品)という感じで、
主菜にボリュームを出そうとして、肉や炭水化物が多めになったり、健康的でない。

理想は一汁三菜(主菜1品、副菜2品)で、
しかも野菜たっぷりで、彩りの良い健康的な料理がいい!

この希望に近づけてくれたのが、作り置きでした。
というのも毎日たくさんの種類の野菜を使って、数品作るなんて、
面倒くさい~~~。で挫折していた副菜2品。

作り置きなら1品を2日で食べて、1日1品作れば、
毎日2品、副菜が準備できる。(^O^)ステキ~

そのうえ、野菜たっぷりの副菜2品もあれば、
主菜1品に、そんなにボリューム出さなくても、満足できると気付きました。

スガ氏の本は、普段から実践されているレシピなので、
手早く簡単なものが多いし、

食のスタジオの本は、野菜ごとにレシピが分かれていて、
買い物で、野菜ひとつを選べば、何かそれに足して作れます。

おかげでこの2冊を買ってから、料理が変わってきました。
肉や炭水化物が減って、野菜が増えました。

ハハはこれでとても良かったと満足していますが、ブンは迷惑そう。
でも高学年だし、もう好き嫌いで食べないなら代わりの物は出しません。

偏食は偏見に通じると聞いたこともありますし、
ブンの柔軟な視点獲得の為にも、健康の為にも、これからも続けてしまいます。

絵本・読書    Comment(0)   Top↑

2014.06.23 Mon
読み聞かせ 小3・6月
今月、注目した本は「日・中・韓平和絵本 - 童心社」です。
これは日中韓の3カ国で共同出版している本で、
12人の作家さんの絵本が12冊刊行されています。

・へいわってどんなこと? 浜田桂子
・ぼくのこえがきこえますか 田島征三
・くつがいく 和歌山静子
・さくら 田畑精一
・京劇がきえた日 ヤオホン(中国)
・二まいのふるい写真のものがたり ツェンロン(中国)
・街のおもいで ツァイガオ(中国)
・きれいなくだもの ヂュウシァン(中国)
・非武装地帯に春がくると イ・オクベ(韓国)
・コッハルモノニ花のおばあちゃん クォン・ユンドク(韓国)
・チュニというあかちゃん ピョン・キジャ(韓国)
・少年十字兵 キム・ファンヨン(韓国)

今月借りられたのは3冊で、先月は京劇がきえた日を読みました。
京劇の絵本の舞台は南京、日本軍が大虐殺をしたところです。
そのあたりは中国人にすれば恨み骨髄に徹すところでしょうが、
絵本なので恨みごとはなしに淡々と語られていました。

14060192

いずれにしても「戦争は絶対にしてはいけない!」というメッセージを伝える内容です。
日中韓の歴史認識については、現在でも合意できていない難しいところですが、
個人的にブンには、日本が周辺国に侵略戦争をしかけたこと、
そして他国も自国も大変な犠牲を払ったことを、知っておいてもらいたいと思います。

その他。

14060193 14060191

14061120 14062203

小1の3月からはじめた読み聞かせと読書。今月でようやく500冊を超えました。
期間も1年4カ月かかりました。

一応これで読書への下地作りは出来たとみなして、
毎月記録をとるのはおしまいにします。

我が家が図書館で1度に借りられるのは20冊。
そのうち10冊はブンが自分で読んで(1時間程度)、
昔話や生真面目なテーマの本などはハハが読むスタイルで(30分×2,3回程度)、
だいたい2時間~2時間半くらいかかりました。
それで、できれば月40冊をめどにしていたので、約4~5時間の読書です。

なんだたったのそれだけ?と言われればその通りですが、
宿題、家庭学習、習い事、それに遊びの時間を差し引くと結構きつく、
読書タイムはだいたい休日の日中がほとんどでした。

学校の先生から、年間の読書量のめやすは、5,000ページと言われましたが、
低~中学年向けの児童書1冊が、おおまかに100ページくらいなので、
そうすると週1冊のペースで読めばいいということになります。

これをするかどうかは、もうブン次第と思っていますがやらなそう…。
これからも図書館通いは続けますが、今後はブンのペースで。

読書も年齢相当のものを読まないといけないのでしょうが、
本人が読んで楽しいのが一番。だからまだ絵本がいいなら児童書でなくても。

なんて甘いこと言っていると、将来、上の学年で「文章を読むのが遅い」とか、
「文意をつかめない」とか悩むはめになるかもしれませんが、
ハハはもう下地作りには充分努力したと思っていますので、
あとはブンの自己責任で…。


小3・6月は…40冊
累計…518冊

絵本・読書    Comment(2)   Top↑

2014.05.27 Tue
読み聞かせ 小3・5月
今月借りた本で注目のものは、
ふるさとを見直す絵本」全10巻 農山漁村文化協会(農文協)です。
10冊のうち5冊を借りました。

14052702

夜田打 -むかしの「麦作り」
おさなぶり-むかしの「米作り」
おかいこさま-むかしの「蚕飼い」
いろり-農家のくらし(1)
もらい風呂 -農家のくらし(2)

長野県飯田村でお年寄りたちに昔の農村のくらしや、農作業について聞き取りをし、
それをもとに書かれた絵本のようで、おじいさんの昔話を聞いている感覚です。
ちょっとまとまりがない感じもあり、組合を褒める箇所がしばしばありますが、
昔話を聞くのが稀な今日では、貴重な内容だと思えました。

第1巻あとがきの出版趣旨の日付けが昭和53年(1978年)。
聞き取りをした人達が80歳くらいなようで、
その人達が生まれたのが、1898年頃とすれば明治31年。
ちなみに私の祖父母で大正生まれなので、さらに上の世代になります。
(ブンからすると4代前くらいのお話し)

まさに明治生まれの人達の農作業のお話しです。
確かにすべて人力。電気、機械なしの農作業が語られておりました。

小3社会で昔の暮らしがあり、古民家で古い道具をみても、
どんなふうに使われて、どんな暮らしがあったのか分かりません。

蚕を飼う時、病害にどれ程、注意を払い苦労したかとか、
麦や米の収穫がどれ程、喜ばしい事であったか、
またガスも電力も普及していない時のまき集めの苦労など、
具体的で勉強になる絵本でした。

その他。今月はちょっと頑張って冊数増やしました。

14052701 14052703

14052704 14052705

14052706 14052707


小3・5月は…60冊
累計…478冊

絵本・読書    Comment(0)   Top↑

2014.04.26 Sat
読み聞かせ 小3・4月
今月、注目だった本は、
「津波 命を救った稲むらの火」 原作:小泉八雲 文・絵:高村忠範 汐文社
「津波 稲むらの火その後」 文・絵:高村忠範 汐文社

14042604

過去に国語の教科書にも載っていた有名なお話しです。小泉八雲が原作です。
安政元年(1854年)の南海地震で津波に襲われた紀州和歌山藩広村での実話を、
物語にしたもので主人公のモデルも実在した浜口儀兵衛という人です。

地震のあと海の異変を感じとった主人公は、
高台にある自分の屋敷前にあった大事な稲むらに火を放ち、
火事をみつけた村人を高台に呼びよせ、
間もなくおそった大津波から村人全員を救いました。

2冊目はその後の話しです。主人公は私財をなげうって、
炊き出しや仮設住宅を作りました。しかし村は流され、田畑も塩害で、
希望を失った村人の為に、防波堤を建設しました。

そしてこの防波堤は、88年後、昭和21年(1946年)の南海地震の津波から、
人々を守ったのでした。

ちなみにこの防波堤の建設費も私財で銚子で作ったしょうゆ販売で得たお金です。
そのしょうゆ製造は、今のヤマサ醤油だそうです。
防災と復興、昔話でありながら現在の問題として考えさせられる絵本でした。

それから、次の本は、昔ハハが子どもの頃、ご近所さんからのおさがりで、
頂いた本にあったもので、図書館にもあったんだ~と懐かしく借りました。
(新・講談社の絵本)

14042605

渋い絵柄ですが、内容は本当に昔から語り継がれた物語で、
安寿姫と厨子王丸や四十七士などは、私の母が子どもの頃、
寝床に入ってから自分の母親に話して聞かされたと言っていました。

昔は絵本などそうそうないので、口頭での語り聞かせだったんだよ。
そしてそれが本当に楽しみだった。という説明を今でも覚えています。
何世代もが聞いてきた物語を知っておくのもいいですね。

その他。
春休みに読書量を増やそうと思っていましたが、無理でした…。

14042606 14042603

14042602 14042601


小3・4月は…40冊
累計…418冊

絵本・読書    Comment(0)   Top↑

2014.03.30 Sun
読み聞かせ 小2・3月
「せかいいちうつくしいぼくの村」 小林豊 ポプラ社 (3部作)
絵本ガイドブックでよく紹介されている作品ですが、はじめて読みました。

14032402

著者がアフガニスタンで訪れた村をモデルに描いた「パグマン村」の話しです。
そこは草花が咲き乱れ、果物が豊かに実る世界一、美しい村です。
しかしその村は戦争でなくなってしまいます。

たんたんと村での素朴で平和な暮らしぶりが語られて最後に、
この村は戦争で破壊され、今はもうありません。
とショッキングな一文で締めくくられます。
(結末を聞いて、ブンが絶句しておりました)

こんな内容だったんですね…。著者の訪れた村もその後に爆撃で破壊され、
その時であった人たちがどうなったか分からないそうです。

アフガニスタンにはこのような村が他にもたくさんあり、
アフガニスタン以外にもこのような村がたくさんある現実。

ニュースでたくさんの難民が出ていることを聞いても実感が湧きにくく、
それが具体的にはどういう事なのか…。

穏やかな日常がある時を境に、ぶつりと断ち切られ元には簡単に戻らない。
悲しんでも、悔しがっても、もうどうしようもない。
そういう事なんですよと、突き付けられた気がしました。

この絵本は2部、3部と続き、パクマン村の主人公が元気でいたと分かりますが、
現実はそうでないケースも当然多いでしょう。

紛争の絶えない時代を生きていく子ども達に読ませたい。
いろいろなガイドブックで紹介されるのも納得の絵本でした。

それとは別に、「ひでちゃんとよばないで」おぼまこと 小峰書店も戦争の本です。
第二次世界大戦の時代、台湾で生まれ育った著者が、終戦となり、
日本に引き揚げる際、台湾人と日本人のハーフのお友達と悲しい別れをした話しです。

14032405

日本が敗戦し、仲良しで大好きだったお友達が急に会ってくれなくなり、
名も「今はショウランだから、ひでちゃんとよばないで」と拒否されるのです。
本当はお友達も淋しく思っており、日本人と遊んではいけないと禁止されてのことでした。

著者が引き上げの為、列車で去る間際に、お友達は見送りに来てくれて、
涙を浮かべて懸命に手を振ってくれたのでした。それは1946年2月20日のことでした。

こちらも後日談があり、著者が1993年頃に台湾を訪れた際、お友達を探してみましたが、
見つける事は出来なかったそうです。

そうなんです。日本もかつて戦争に手を染め、他国も自国も苦しめたのです。
このことを平成生まれの子ども達も、知っていないといけないですね。

その他、もろもろ。

14032403 14032401 14032404

春休みは、ちょっと頑張って読書量を増やしたいところ。
でもちゃんと出来るかは??


小2・3月は…31冊
累計…378冊

絵本・読書    Comment(0)   Top↑

2014.02.25 Tue
読み聞かせ 小2・2月
今月借りてみたもので興味深かったものはこちら。

『年表でたどる中国の歴史〈第1巻〉大河文明と中国統一』
 島崎晋 汐文社 2007年3月
『年表でたどる中国の歴史〈第2巻〉英雄・豪傑とモンゴル帝国』
 島崎晋 汐文社 2007年4月
『年表でたどる中国の歴史〈第3巻〉近代国家の成立と新しい中国』
 島崎晋 汐文社 2007年4月。

14022502

中国は日本と関係が深く、今は険悪なムードですが、
国語でも社会でも、中国の歴史を知っている方が理解しやすいことが多そう。

それで難しくなく理解できる本はないかなぁと思っていたら見つけた本です。
著者は歴史家の方で、内容は読み仮名が付いているので小学生でも大丈夫。

年表にそっているので、流れも追いやすい様子。
ただし値段が税抜き1,800円でお高い。
それでも検索で調べてみましたが、もう中古品しかないようです。

まあ中国の歴史は急ぐこともないので、機会を見ては探してみようと思います。

その他はこんな感じ。あいかわらず物語を選ばないブンです。
物語じゃない方がおもしろいからだそうです。

14022503

ハハは昔、物語ばっかりだったので、全然本の趣味が違います。
ブンの好みはあまりにも違ってて、新鮮に感じる時もあります。

14022501 14022506

小学校で性教育の授業があると何度かアナウンスがあり、
先日、お医者さんに二次性徴のはじまりを教えられたこともありで、
図書もそういう内容のものも選んで読みました。

ブンはクラスメイトに先駆けて発育がいいタイプではないのですが、
正しい知識を身に付け戸惑いや不安が少なくなればいいです。


小2・2月は…32冊
累計…347冊

絵本・読書    Comment(0)   Top↑

2014.01.26 Sun
読み聞かせ 小2・1月
寒くてすっかり出不精です。
自宅でのんびりするのも好きなブンは、それでもいいと言います。
その為、日曜のランチをどこかで食べて、図書館へ行き、
帰りに買い物を済ませるという楽なパターンにはまってます。

今月はお正月関連の本を借りたりしました。
おもち、七福神、しめかざり、干し柿など。

干し柿の魅力を教えてくれたのはこちら。
干し柿 西村豊 写真・文 あかね書房

干し柿がこんなにきれいなものなんだと、意外な印象を与えてくれました。
農家の軒先につりさげられた無数の干し柿。乾燥してくると日を通すようになり、
まるでつるし飾りの様な美しさです。

14012604

カステラ、カステラ 明坂英二文 齋藤芽生絵 福音館書店

これもカステラのルーツを知る面白い本でした。
450年ほど前にポルトガルから伝わったカステラ。日本で作るには、
ある大事なものがありません。それは何でしょう?

答えは「オーブン」です。

でも日本人は、工夫でそれを克服します。
蓋に炭をのせる「ダッチオーブン」方式のカステラ鍋を発明、
ほっこりふくらんだカステラを作ることに成功しました。

それから時が過ぎ、1854年、黒船でやってきたペリー提督との会議後、
士官や水兵たちにお菓子が配られ、紅白の砂糖菓子といっしょに、
うやうやしく菓子盆に飾られていたのはカステラでした。

ポルトガル人から教わったカステラで黒船で来たアメリカ人をもてなしたとは。
ペリー提督たちもまさかカステラが出てくるとは思わなかったのではないでしょうか?

鉄砲もブラックボックスのままでなく、
創意工夫で自分達でも作れるようになった日本の長所が、
お菓子にまで活かされていたなんて。ちょっと感動しました。

14012605 14012603
14012602 14012601


小2・1月は…48冊
累計…315冊

絵本・読書    Comment(0)   Top↑

2013.12.20 Fri
読み聞かせ 小2・12月
今月は季節がらクリスマスの本を何冊か借りました。
くるみ割り人形は先月借りて正解、12月になったら棚に見かけませんでした。

クリスマス・クリスマス (たくさんのふしぎ傑作集)
角野栄子著 福音館書店

魔女の宅急便の作者さんが1989年に書いた本です。
クリスマスの由来など海外で取材したレポートになっています。

13122002 13122003

クリスマスツリーは400年前のドイツではじまったとか、
サンタさんはどんな人か?とか。

1,600年前、小アジアのミラで誕生したセント・ニコラスが、
12月6日になくなり、この日をセント・ニコラスの日とよぶようになりました。

この日、セント・ニコラスはご褒美の袋とムチをもって現れるようになったのです。

子ども達はセント・ニコラスが大好きで何度もその名を呼ぶうちに、
もっと呼びやすいサンタクロースという呼び名に変わったのです。

キリスト教との結びつきが深くなるにつれ、こらしめの部分が消え、
贈り物を受ける日に変わり、日にちも12月25日に変わりました。

読み進むにつれ、一瞬真実が暴露されるのでは?!と心配になりました。
事前にちゃんと読んでおけばよかったか?とうろたえましたが、
大丈夫でした。でも、ちょっと汗をかきました。

サンタクロースのイメージは、クレメント・クラーク・ムーアの詩と、
トーマス・ナストの絵ではっきりしてきた経緯とか、
サンタさんの歴史を知ることができました。

サンタクロースの家を訪ねて、スウェーデンとフィンランドへも行き、
オーストラリアの真夏のクリスマス、
アメリカの華やかなクリスマスなどの様子も分かります。

オーストラリアもアメリカも、ひとりで3つも4つもプレゼントをもらいます、
と書いてありました。先日、ブンがお友達に聞いた話しと同じです。

ブンの登校班に、お父さんがアメリカ人のハーフさんがいるのですが、
その子にアメリカでは好きなだけプレゼントがもらえると聞き、
「お母さ~ん、アメリカではサンタさんのプレゼント、いくつでもいいんだって!」
と嬉しそうに帰ってきたことがありました。

内心あせったハハは「ブンは仏教徒でしょ?仏教徒はひとつだけなんだって。」と、
答えたところ、納得しておりました…。

13122001

「ヘンゼルとグレーテルのおななし」(BL出版)も借りてみました。
お菓子の家が、クリスマスに作られるようになったきっかけは、この童話です。

1812年のクリスマスに、グリム童話が出版され、
ドイツではクリスマスにヘンゼルとグレーテルのオペラが上演されるようになったり、
お菓子の家も作られるようになったそうですよ。


小2・12月は…30冊
累計…267冊

絵本・読書    Comment(0)   Top↑

2013.11.29 Fri
読み聞かせ 小2・11月
今月、印象的だったのはこちら。

13112901

わたしのとくべつな場所
文:パトリシア・C・マキサック
絵:ジェリー・ピンクニー
訳:藤原 宏之
出版社:新日本出版社

1950年代、テネシー州ナッシュビルで育った著者の子ども時代に本当にあったことです。

ジム・クロー法という法律があり、白人と黒人(有色人種)を区別し、
アフリカ系アメリカ人を差別していました。

主人公のパトリシアは、いつもはおばあさんと一緒に行く特別な場所へ、
はじめてひとりで行く事になります。

着くまでの道中で、さまざまな差別に直面します。
バスや劇場の座席を区別され、公園で白人専用のベンチには腰かける事も出来ません。

しかしそれらを乗り越えてたどり着いたところは、
「公共図書館:だれでも自由に入ることができます」でした。

「読書は自由への入り口」であり、図書館はどんな苦労をしてでも、
訪れる価値のある、たいせつな場所でした。

ジム・クロー法は1964年に廃止されましたが、差別はなくなっていないのが現実。
当時は、子どもが人種差別を受けてもひとりで対処できる年齢になるまで、
共同体の中にひとりで行く危険を許しませんでした。
主人公も12歳になってはじめてひとりで図書館へ行ったのです。

ブンは「まったくひどい!」と怒りを感じたようです。
ジム・クロー法だと、日本人も(ブンも)差別されるんだよ。と言いましたが、
ぴんとこない様でした。

最近の絵本は、人権や戦争、環境など真摯なテーマのものがありますね。
小学生低学年では実感する事が少ないでしょうが、
たまに他の本にとり交ぜて読んであげています。

13112902

もう来月は12月。
クルミ割り人形も借りてみました。
夢かうつつか、いつ読んでも不思議な物語です。


小2・11月は…19冊
累計…237冊

絵本・読書    Comment(0)   Top↑